5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説ってゲーム・マンガと変わらない娯楽なのに何で特別視するの?

1 :豊川信用金庫事件:2006/10/22(日) 21:46:47 ID:t78QgyDu0 ?BRZ(3902) ポイント特典
世界30カ国で13歳以上の3万人を対象に、個別面接調査を通じて行われました。
それによると、1週間あたりの活字媒体読書時間の1位はインド(10.7時間)で
次に、タイ(9.4時間)、中国(8.0時間)フィリピン(7.6時間)、エジプト(7.5時間)の順でした。

一方、日本は4.1時間で韓国(3.1時間)の1つ上の29位と極めて少なく、平均の6.5時間よりも2時間以上少なくなっています。
日本や韓国などは出版点数も多く、かつ識字率は非常に高い国です。それにも関わらず読書時間が少ないということです。

電車内の乗客の様子を眺めていると、学生や若い社会人を中心に「携帯・ゲーム・マンガ」に熱中している姿をよく見かけます。
車内の三種の神器?それ自体、悪いことではないのですが、もう少し本を読んでも良いのに、と思うのは私だけでしょうか。

なぜ、このように読書離れが進んでいるのでしょうか。
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002550

2 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 21:47:46 ID:eZ0vTe8w0

● ● ● ● ● ●
● ● ● ●
● ● ●●●●●●
● ● ● ● ●
● ● ● ● ●●●
● ● ● ● ● ● ● ●● ● ●
● ● ● ● ●●●●●● ● ● ● ● ● ●●●
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●● ● ●
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●●●
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
●● ●● ● ● ● ● ●● ●●

3 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 21:48:01 ID:++c+6Ei20
>>2

4 :3:2006/10/22(日) 21:48:24 ID:uGWxaF9e0
>>2
ああ、たっぷりやってやる。

5 :武雄@佐賀:2006/10/22(日) 21:49:31 ID:sroozNAt0
        佐賀ミナティ結社(現世界のボス)
              ┃
          十三人評議会
              ┃
          フリーメーソン
              ┃
          ユダヤ資本家(ロックフェラー、ロスチャイルド)
              ┃
          世界の資本家
              ┃
         シャドウキャビネット→エリア51→NASA
              ┃
           軍産複合体━サウジ━イラン━┓←カーン博士
              ┃               ┃←パキスタン
             アメリカ              ┃(核の闇市場)
              ┃               ┃←インド
           年次改革要望書          ┃←中国
              ┃                ↓←北朝鮮    
             日本政府━━━━━━━━━━┓
      与党内閣━━┻━━国会            ┣━━━━┓
   公明党━━自民党───野党─→政治家   各省庁  地方自治体 日本の資本家 
  創価学会               地元土建屋  官僚   縮図利権      企業   マスコミ 警察
暴力団 朝鮮総連                    公営機関                     電通  公安  自衛隊
  海底トンネル                      Σ計画    外資系保険
            朝鮮支配県---┐米国支配県------┐
            | ・大阪     ││・長崎-佐世保  │ 
            | ・福岡、対馬 ││・青森-三沢    │ 
            | ・鳥取、新潟 │└・神奈川-横須賀┘
            └──────┘


6 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 21:49:43 ID:Rwbtllvl0
http://taka.no32.tk/diary/images/20050509_0.jpg

毎度お馴染み、南ちゃんを探せ!のコーナーです

7 :よてなし:2006/10/22(日) 21:50:22 ID:HNFt+gbo0
           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//
        ` レヽ ! ̄   ' └' //
          `ヘ |>、  ‐   , イ/     ・・・ unique
            ,∨- ≧ー≦´W
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
         /::::::::::::レ┐    |  |   {  l
         〈:::_/::{  ]    ..|  |  └,ヘ
       /::´::::::::::>ー'    │ !     !::}
        {::::::::::/::|_____|_|_, ---':ソ

8 :カチガラス:2006/10/22(日) 21:52:23 ID:xfhZcxHpO
テレビ観る時間を減らせばいい

9 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 21:53:04 ID:xMv3HQrX0
携帯で小説読んでる

10 :水質汚濁と町田川:2006/10/22(日) 21:53:13 ID:v85oa2rY0
無駄な情報を得ても仕方がないわけで

11 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 21:54:53 ID:TrhUyOzj0
文学=サヨの利権

12 :あがん:2006/10/22(日) 21:54:54 ID:rneihvRp0
べつに小説を特別視する必要はないが、
活字の本をほとんど読まずにゲームやネットばっかやってる奴に
日本語力が極端に低い奴が多いのも事実。

活字で出版される本ってのは、もちろん内容としては駄作もあるが、
少なくとも編集者が見たり校正したりというそれなりのハードルを越えて
世に出ているわけだからな。
ネット上で素人が勢いだけで書き殴った駄文とは、やはり平均レベルが違う。

2chなんかで、たとえば閉じ括弧の直前に平気で句点を打ったりする
小3レベルの阿呆を結構な頻度で見るが、
これはネット上でそういう表現を見て、かつ活字の本も読まないから
それがおかしいと気づく機会もなく、間違ったまま吸収してしまってるんだろうな。

阿呆の拡大再生産だよ。

13 :カジノバー汚職:2006/10/22(日) 21:55:05 ID:y5Hs3YD+0
↓以下、ラノベを小説と言っていいのかどうか議論

14 :ととしか:2006/10/22(日) 21:55:18 ID:AOg1xYxd0
本当に最近の若者はカスばっかりだな


15 :佐賀県と職員と監視:2006/10/22(日) 21:56:19 ID:3aMSUJfh0
特別視してるのは読まない側の方が多い

16 :横領ってなに佐賀県:2006/10/22(日) 21:58:25 ID:JqcR206N0
学校で読書の時間は皆漫画を読んでたなぁ

17 :残飯マン:2006/10/22(日) 21:59:10 ID:PGDh6fNi0
ラノベでいいじゃないの、日本人だもの

18 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 21:59:39 ID:We6rdsGR0
小説とか速読習得しねーと読んでられん

19 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:00:05 ID:n8v5WLDJ0
リアル鬼ごっこ(笑)

20 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:00:47 ID:TrhUyOzj0
何も伝える物を持たないタダの文字列に価値があるって・・馬鹿げてる

21 :ふーとばれ:2006/10/22(日) 22:00:51 ID:PAX/bY/T0
小説読まない奴らが小説の敷居を勝手に高くしてるんだろ?

22 ::2006/10/22(日) 22:01:12 ID:oXiR2XW/0
小説なんて根暗なキモヲタしか読まねぇよ

23 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:01:20 ID:5+PH5iSg0
読んでると、受験に有利だから。
それ以外に理由は見つからないな。

24 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:01:41 ID:YcdWIujV0 ?2BP(177)
小説はスイッチが入らないと、十数ページで読む気無くなっちゃうんだよ。
その代わりスイッチが入ると、頭の中で映像として再生される事が多いから、
読み切るのがすんごい早いんだけどなー。

みんなこんなもん?

25 :唐津信用金庫:2006/10/22(日) 22:01:50 ID:3Zb1Avcv0
いやむしろ小説だけ特別扱いされるのが気にくわん。
ゲームやアニメと同じなのになんか小説だと親は許すじゃん?

26 :嬉野温泉:2006/10/22(日) 22:02:52 ID:w2P1Teju0
タイって日中仕事もせずに寝てばっかってイメージがあるけど
本読んでるのか

27 :淫らな行為と佐賀県:2006/10/22(日) 22:02:53 ID:KEZe2yJC0
>>21
それはあるな。
純文学と呼ばれるもんでも面白くて読みやすいものなんてたくさんあるのに。
別に小説読まないのは個人の自由だろうが、それって損をしてるよって言いたくなることはある。

28 :直会料理:2006/10/22(日) 22:03:35 ID:uRCWSiZb0
。」
これを間違いにする奴が多いな。

29 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:03:42 ID:7T5AGccS0
やれやれ

30 :佐賀県の歴史と問題:2006/10/22(日) 22:03:45 ID:zQjL5wao0 ?BRZ(6100)
>>24
俺は本を手に取るかどうかがスイッチ

31 :佐賀県大好き:2006/10/22(日) 22:03:58 ID:hF8KZwEe0
ゲームはまあいいとして、どう考えてもアニメとは別物だわ

32 :そがん:2006/10/22(日) 22:04:54 ID:rneihvRp0
>>28

33 :にわれもん:2006/10/22(日) 22:04:56 ID:OUEQSI0l0
小説>>>漫画>エロゲー>>>ゲーム

34 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:05:31 ID:5+PH5iSg0
>>25
家の父親は、中高時代の小説の読み過ぎに否定的だったよ。
国語の教師だったけど。
書物に淫するなって。まぁ自分の経験からだろうが。
娯楽としてはゲームとかと一緒だ。
ただ、本を読む→読解力の向上って現実的な利益(学校の成績に結びつく)
があるところが、外の娯楽と違うだけ。

35 :佐賀県:2006/10/22(日) 22:05:33 ID:ihREL10j0
>>2
スゲー

36 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:06:34 ID:OG/u7Iz/0
アニメやゲームより
小説の方が影響力高くて危険。

高2病加速装置

37 :みんご:2006/10/22(日) 22:06:58 ID:YgN3t7WV0
マリみて最新刊読んだよ
瞳子ちゃんの心の機微
祐巳ちゃんの成長
この著者は文章が上手い
ハルヒの著者とは月とスッポンだ

38 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:07:05 ID:n8v5WLDJ0
小説読む人は昨今のラノベブーム(?)とかについてはどうよ?
「お前らが読んでるのは小説なんて呼べねえ!!」とか反発する人が多そうなイメージするけど。
やっぱ「絵の少ない漫画」扱いなのかな。

39 :佐賀佐賀うぜぇ〜:2006/10/22(日) 22:07:42 ID:PQ5CNDxm0
ラノベは馬鹿にされまくるのに
漫画はあまり馬鹿にされないのは何で?

40 :カササギ:2006/10/22(日) 22:08:20 ID:llXsB/zVO
小説って何の技術も磨かずに表現したいっていうホームレス寸前の精神状態の奴が書くもんだろ。
漫画とか話考えてコマ割考えて絵の技術磨いてとかマジすごくね?


41 :ふーとばれ:2006/10/22(日) 22:08:29 ID:PAX/bY/T0
>>24
親からしたら小説(文学作品)読んでるってのは
娯楽よりも勉強にカテゴライズされてるんでしょ。

42 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:08:37 ID:OG/u7Iz/0
アニメ世代じゃない大人が
アニメ世代の大人を馬鹿にするのと似たようなもん


43 :ざる豆腐:2006/10/22(日) 22:08:45 ID:oOsKuKvwO
例えば一人の綺麗な眼鏡お姉さんがいたとしよう
小説と漫画、どっちを読んでいたらエロく感じる?

44 :佐賀東信用組合:2006/10/22(日) 22:10:06 ID:RLp/2mma0
>>34
いい親父さんだな
意味もなく読み耽るなら小説なんて無限にあるからネット中毒とかと同じ

45 :佐賀県政と佐賀県民:2006/10/22(日) 22:10:12 ID:E8lvx0J+O
でも、小説の読みすぎはよくないよ
ちょっと池沼寄りになるから

46 :不正と佐賀県:2006/10/22(日) 22:11:10 ID:tkuh9czH0
高校大学時代に、本ばかり読んで過ごしたっていう人が居たけど
べつに面白い言い回しが出来るわけでもなく、ユーモアセンスが磨かれてるわけでもなく
非常につまらない人間だったよ

俺のゲーマー友達のほうがよっぽど気の利いた人間だった

47 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:12:23 ID:5+PH5iSg0
>>44
いい親父に育てられた僕ちゃんも、今は立派なニートです。

48 :直会料理:2006/10/22(日) 22:12:47 ID:uRCWSiZb0
>>32
おらおら、なんで駄目か説明しろよ。
文豪でも使っている人いるぜ。
近くにある本探したら、吉本ばなながそうしてるわ。

49 :嘉瀬川(佐賀県最長57.5km):2006/10/22(日) 22:13:18 ID:g4xxpn+e0
小説読むより友達とつきあえと言いたい
俺はもうダメだ

50 :佐賀県の歴史と問題:2006/10/22(日) 22:13:18 ID:zQjL5wao0
>>12
どっちでもいいだろ
常識的に考えて・・・
http://kaede.to/~canada/doc/dearu

51 :淫らな行為と佐賀県:2006/10/22(日) 22:13:50 ID:KEZe2yJC0
>>40
小説にも技術は必要。
特に描写が上手いかどうかでいい小説かどうかが判断できる。
その他にも比喩とか場面転換とか伏線とか時間経過とか。
絵が無いから難しいっていう側面もある。
そして描写が出来ていない小説は単なる脚本。
その単なる脚本が最近は多すぎるわけだけど。


52 :佐賀県大好き:2006/10/22(日) 22:13:51 ID:hF8KZwEe0
>>48
それはルールを崩して楽しんでるだけじゃねーの

53 :住ノ江港の整備:2006/10/22(日) 22:15:05 ID:I87bfULr0 ?2BP(30)
伊坂幸太郎の小説だけは寝る間も惜しんで読んでしまう

54 :吉野ケ里歴史公園:2006/10/22(日) 22:15:13 ID:+jx0ZquZ0
もっと手軽に楽しめて、なおかつ刺激的な娯楽が溢れているからな。
にしてもスレタイと記事がかみ合ってないな

55 :佐賀県の出納長:2006/10/22(日) 22:16:01 ID:t1isuKo20
歴史が長いから

56 :そがん:2006/10/22(日) 22:16:10 ID:rneihvRp0
>>48
ルールを知った上で文学上の表現方法の一つとして
特別な箇所でだけあえてそのルールを無視するのと、
単にルールを知らないせいでそういう表現を使うのとは
天地ほども異なるということも理解できない池沼?

だから阿呆だって言われるんだよ、お前…。

57 :嬉野温泉:2006/10/22(日) 22:16:52 ID:w2P1Teju0
これって漫画は含まれてないの?
世界一の漫画消費国の日本の読書時間が短いわけがないんだけどな。

58 :嘉瀬川(佐賀県最長57.5km):2006/10/22(日) 22:17:06 ID:g4xxpn+e0
マジレスするとどうでもいいが
なんか指摘されるといやなんで句読点つけないでおこ、ってことよ

59 :トム・ソーヤの森:2006/10/22(日) 22:17:11 ID:pv1DYPD90
やっぱり密度が違うからだな。

60 :げさっか:2006/10/22(日) 22:17:24 ID:DpAou1LE0
>>48
バカは早く寝ろ

61 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:18:07 ID:6DLYazZB0
小説は感情の動きがちゃんと書いてあるから理解しやすい
マンガは絵から読み取らなきゃいけないから難しい

と言ってるテレビ番組を見たことあるわ
なんとなく納得できるわね

62 :佐賀善意銀行:2006/10/22(日) 22:18:13 ID:uP5RI5v60
吉本ばななって官能小説の作家みたいな名前だよな

63 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:18:26 ID:3zbw23Tb0
>>48
>吉本ばなな

(ノ∀`)アチャー

64 :佐賀県知事と監視:2006/10/22(日) 22:18:29 ID:3aMSUJfh0
漫画は数分で読めてしまうからお金払うの勿体無いよ

65 :こがん:2006/10/22(日) 22:18:40 ID:PQHlyfHi0
小説は想像力を使うからな
絵がついてるアニメやエロゲの方が遊んでて楽だ俺は
ラノベは挿絵少なすぎで中途半端

66 :佐賀県民ガンバレ:2006/10/22(日) 22:18:52 ID:ucxhYYUy0
表の体育、裏の体育って本は面白かった

67 :佐賀県民のささやき:2006/10/22(日) 22:18:55 ID:2XRLp/C/0
小説にも面白いの一杯あるし、読まないのは勿体ない
ていうか、文字だけで優劣がつけられてる分、世に残ってるものは面白いのが多い
漫画だと内容カスだけど絵だけで生き残るものとかあるしね

68 :佐賀県建設工事等入札:2006/10/22(日) 22:19:23 ID:xGS0uvRP0
聖書から考えると年月比違いすぎだもんな・・
と思ったけど洞窟の壁画とかで漫画みたいなのあるな。

69 :玄海エネルギーパーク:2006/10/22(日) 22:19:45 ID:4Kmo8phy0
昔は小説の地位も低かったろう。

でも、今でも読まれるような小説は
はっきり言って、ゲームやマンガとは
比べ物にならないね。

70 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:19:59 ID:uQMEnZdF0
句読法自体があとあとになってでてきたもの


71 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:20:01 ID:L3yWpB9y0
>>62
当世風にいうならエロラノベ

72 :佐賀出身に言わせれば:2006/10/22(日) 22:20:17 ID:wRW2d71X0
気に入った映画の小説はよく読むけど
日本の小説はどれ読んだらいいのかわかんない

73 :佐賀県佐賀市74才:2006/10/22(日) 22:20:43 ID:oOsKuKvwO
>>58
君は漫画の読みすぎだね

74 :ふーけもん:2006/10/22(日) 22:21:02 ID:Jyg73t/O0
読みたければ読めばいいしいやだったら読まなければいい

75 :佐賀県民ガンバレ:2006/10/22(日) 22:21:38 ID:JqcR206N0
名前が面白かったから清涼院流水の本を買ってきたよ

76 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:21:42 ID:OG/u7Iz/0
小説なんて理解力とか想像力なんて関係ないよ。
濃すぎるんだよ。脂っこいセックスみたいなもんで、胸焼けするんだよ。
濃厚すぎて駄目なんだよ。だから人が離れてく。
でも、小説は濃厚な部分しか存在価値が無い。

77 :よてなし:2006/10/22(日) 22:22:01 ID:jnKQ69pZO
そうなんだよな
俺にとっては漫画や雑誌と同じなのに小説読んでるの見て頭おかしくなったとか言われたし
リーズナブルな暇つぶしアイテムだってのが理解できないようだ

78 :嘉瀬川(佐賀県最長57.5km):2006/10/22(日) 22:22:02 ID:g4xxpn+e0
ブンガクってマネするの簡単に見えてやりたいって言う人多いけど、
実際はとんでもなくしんどいんだよな
名著と呼ばれるものを読んでえらい感銘受けても、
いざ自分で書いてみるとまさに外道
同じ分のはずなのに何かが違ってる


まあその違いが何か気づけるやつが、生き残るんだろうな

79 :佐賀県の歴史と問題:2006/10/22(日) 22:22:10 ID:zQjL5wao0
>>56
じゃあ俺が学校で教えられた文法は間違ってたの?

80 :佐賀東信用組合:2006/10/22(日) 22:22:19 ID:RLp/2mma0
活字を小説に限定するのもあれだけど
小説は活字媒体の中では密度が薄く間延びしてるジャンルだ

これは日本人にはわかりやすいけど俳句とか故事成語とかを密度が濃いという
漫画アニメの小さいひとコマで何かを表現するのも密度は濃いと思う

81 :そがん:2006/10/22(日) 22:22:24 ID:rneihvRp0
>>75
ご愁傷様w

82 :津の里温泉:2006/10/22(日) 22:22:34 ID:5RJ4fKX30
つ[源氏物語絵巻]
つ[鳥獣戯画]

83 :大和きゅん:2006/10/22(日) 22:22:34 ID:FiJP+88i0
娯楽が少ない国は本しかないから本を読む
娯楽が多い国は選択肢が多いから、その分
本を読む割合が少ない

そんだけのことじゃん

84 :佐賀県大好き:2006/10/22(日) 22:22:59 ID:hF8KZwEe0
>>76
どこから入ったのか気になるなw

85 :直会料理:2006/10/22(日) 22:23:05 ID:uRCWSiZb0
おらおら、そのルールと文学上の表現てのをを書けよ。
?以外全部そうなってますが。

86 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:23:07 ID:x3RvnG1k0
>>79
学校の作文ではそう習ったよな




87 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:23:26 ID:5+PH5iSg0
>>68
江戸時代の庶民向けの小説とか瓦版、漫画と言えなくも無いし。
明治期の瓦版もそうか。

88 :トム・ソーヤの森:2006/10/22(日) 22:23:44 ID:pv1DYPD90
「」の使い方に幅があるのは、比較的歴史が浅いからじゃないかな。
多分明治以後になってからでしょ、使われ出したのは。
定型として落ち着くまで色々な使い方をされるのは仕方がない。
送り仮名の振り方も多種多様だからね、明治の頃は。

89 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:23:47 ID:+2mJHjX20
http://2ch-news.net/up/up25199.jpg
どれが好み?

90 :こがん:2006/10/22(日) 22:24:44 ID:PQHlyfHi0
>>89
かわいいw

91 :いひゅーか:2006/10/22(日) 22:24:47 ID:z12YV9C80
ID:uRCWSiZb0

92 :大和きゅん:2006/10/22(日) 22:24:48 ID:FiJP+88i0
>>89
なんかいろんなスレに必死に貼り付けてるようだが
プレビュー付きの専ブラ使ってるとしらけるんだよ

93 :そがん:2006/10/22(日) 22:26:00 ID:rneihvRp0
>>85
もういいよお前、見苦しいだけ。
恥の上塗り乙w

94 :温泉湯豆腐:2006/10/22(日) 22:26:00 ID:fH/6WdBj0
>72
ドラマの小説とかどうよ
例えば石田衣良のIWGPとか
IWGP気に入ったら石田衣良の他の作品読む
次に他の作家でドラマの原作小説読む
更に次に気に入った作家の他の作品読む
更に更に気に入ったジャンルの作品読む

読み進め方は漫画とかと大差ない


>86
学校の作文は縦に書かなかったか?
その時、かっこまる って習わなかったか?

95 :不正と佐賀県:2006/10/22(日) 22:26:36 ID:tkuh9czH0
小説で磨いた想像力をコミュニケーションに活かしてる人なんて見たことないわけだが

96 :嬉野温泉:2006/10/22(日) 22:26:57 ID:w2P1Teju0
小説は心情を描写するのは得意だけど、風景やら建物やら部屋の家具やら
そういうのははっきりいって想像するの無理。時間の無駄だから飛ばして読む。

97 :佐賀県民ガンバレ:2006/10/22(日) 22:26:59 ID:JqcR206N0
>>81
30Pくらい読んだけど、都市伝説のことを延々と説明されてしんどいぜ・・・

98 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:27:15 ID:bTKW3AsR0
>>85はリアル園児?

99 :まほろたん:2006/10/22(日) 22:27:18 ID:nxSqPBm80
>>79
いやいや、公用文の表記では
。」
が正しい。

俺は「」がついた時点で前後の文と流れが切れてるんだから、
。はいらんと思うが。

100 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:27:20 ID:5+PH5iSg0
「」と句読点の関係って、習った覚えないんだよな。
、、、?。とかも。
前に気になってググったこともあるが、厳格なルールもなさそうだし。
突っ込まれるの嫌で、そういう表現書きこまないってのも頷ける。

101 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:27:54 ID:e0BKXymZ0
>>94
習わなかった

102 :唐津くんち:2006/10/22(日) 22:27:54 ID:Yg7uDBzD0 ?2BP(365)
>>96
なんか100年位前にも同じ子といってる評論家いたよ。
風景描写はマジで退屈、って。

103 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:28:21 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
「これであってるだろ。俺も小学校でこう習ったよ。」

104 :唐津市職員:2006/10/22(日) 22:28:31 ID:a1EsYF1i0
授業中にゲームやったりマンガ読んでるのと
小説読んでるのじゃ見つかった時の先生の怒り方は確かに違う

105 :こがん:2006/10/22(日) 22:29:20 ID:PQHlyfHi0
お前らつまんねぇな

106 :巡査長と佐賀県:2006/10/22(日) 22:30:10 ID:IkMvACXj0
>>6
17と19がみゆき

107 :ひけしぼー:2006/10/22(日) 22:30:13 ID:mOlsddlj0
「 」については「■■■。」というように小学校で習った。間違いない。
( )については習った覚えはない。慣例的に外に付けておいている。

108 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:30:28 ID:bTKW3AsR0
>>103
それはあんたの思い違いか、
教師が池沼だったんでしょ

109 :ぱんぱんマン:2006/10/22(日) 22:30:28 ID:sQjlLxY50
小説もピンきりだが、上澄みのレベルが異常に高いんだよ。

110 :大和きゅん:2006/10/22(日) 22:30:50 ID:FiJP+88i0
現代文学では 。」 もしくは 」 だけが正解だろ
」。なんてありえないだろ
常識的に考えて

111 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:31:18 ID:5+PH5iSg0
>>102
風景描写が退屈かどうか、俺は退屈とは思わんが。
退屈な人がいるとして、
食い物、食卓の描写は、そうとうそそられない?

112 :ざる豆腐:2006/10/22(日) 22:31:19 ID:oOsKuKvwO
>>104
授業中にゲームって…

113 :そがん:2006/10/22(日) 22:31:57 ID:rneihvRp0
>>97
手元にベジータのAAが無いんだけど、本当の地獄はこれからだ…。

114 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:31:58 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
大体、会話文の終わりを示すのと、会話文の中での
文章の終わりを示すのは別物だろ。文系は頭悪いなw

115 :佐賀県教委とセクハラ:2006/10/22(日) 22:32:08 ID:7SsWlU8s0
自分たちがしていることだけが
素晴らしいと思いたいんだろう

116 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:32:17 ID:uQMEnZdF0
日本語の句読法に関しては、外国語の学習の中ではじめて意識したなぁ

117 :杵島信用金庫:2006/10/22(日) 22:32:21 ID:69uOaNCp0 ?2BP(101)
さあ

118 :巡査長と佐賀県:2006/10/22(日) 22:32:26 ID:r6uz5wx40
かれこれ半年以上の時間をかけて自分で書いている。
他人の作品を読んでいるだけの時とはまた別の楽しみがある。

119 :淫らな行為と佐賀県:2006/10/22(日) 22:32:36 ID:KEZe2yJC0
鉤括弧にルールなんてない。
漱石は「」で終わらせてるし、谷崎は使わずに書くこともしばしば。
大江はセリフの頭に−をつけて鉤括弧の代わりにしてる。
なんだっていいんだよ。
ただ、鉤括弧があればそこはセリフっていう前提を読者も作者も安易に共有しすぎて、
今の小説はなんかだらしなくなった。


120 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:33:08 ID:v5xZsnbv0 ?2BP(151)
最近のブームに乗った安易な量産型ツンデレキャラは
谷崎潤一郎の春琴抄を百回読んで出直すべき

121 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:33:11 ID:ZnOjW/Kv0
>>103
「これであってるだろ。俺も小学校でこう習ったよ。」

カッコ内で句点使っちゃダメとなると

「これであってるだろ俺も小学校でこう習ったよ」
            ↑

どうすんのここ?

122 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:33:45 ID:vIcCubiR0
単純に小説の多くがゲイ臭いからだろw

123 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:34:26 ID:e0BKXymZ0
「これであってるだろ(・∀・)俺も小学校でこう習ったよ(´・ω・`)」

124 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:35:35 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
俺も某板で指摘されて、そんなもんなのかなぁで済ませてたけど、
指摘する奴に限って、何故そうなのかというのを理解していないんだよなw

125 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:35:48 ID:ZnOjW/Kv0
「これであってるだろ(`ω´)!俺も小学校でこう習ったよ(・∀・)!」

126 :佐賀県建設工事等入札:2006/10/22(日) 22:36:05 ID:xGS0uvRP0
漫画はカップラーメンみたいなもんで。
たまに食うと旨い。

127 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:36:15 ID:5+PH5iSg0
つうか、「、、、です。」がルール違反ってソースが見たい。
兆発とかじゃなくて。

128 :観月茶会:2006/10/22(日) 22:36:23 ID:oOsKuKvwO
>>122
ニュー即民は大好きだなw

129 :巡査長と佐賀県:2006/10/22(日) 22:36:25 ID:IkMvACXj0
活字なんて全然読まないから分からないけど

hoge();
if( fuga )
{
  hogehoge();
}

とは書くけど

hoge();
if( fuga )
{
  hogehoge()
};

とは書かないってゆーか書けないんだよな。


130 :佐賀市長:2006/10/22(日) 22:36:34 ID:H+qZ8m8j0
>>12は釣りじゃないの?
少なくとも小学校では括弧閉じる前に句点をつけると教えてるよ。

131 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:38:26 ID:OG/u7Iz/0
マニア志向と同じなの。もの凄い難しい格闘ゲームのコンボをやってるようなものなの。
人間が根本的に必要な言語というものだから、高度になりゃそれだけ役立つと勘違いされてるけど
ぶっちゃけね。その世界に進まない限り、役になんか立たない。最低十分でおkなの。

想像力とか理解力なんかほとんど関係ない。知ってるか知らないかの違い。

132 :水質汚濁と牛津江川:2006/10/22(日) 22:38:46 ID:MYDXQgoXO
小説読むと他の人の考え方や生き様を自身が追体験でき
人間の幅が広がるとか言う奴がいた
なら2chで住人の考え方や生き方を吸収してるから俺も成長してる

はずなんだけどお前らから何かを得た覚えがない

133 :淫らな行為と佐賀県:2006/10/22(日) 22:38:55 ID:KEZe2yJC0
>>120
あれは名作だよな。
人物造詣から描写まで非の打ち所のない小説だ。
ちなみにあの小説に鉤括弧は出てこないな。

134 :議員と佐賀県:2006/10/22(日) 22:39:25 ID:UniIx67C0
>>130
ゆとり乙

135 :かちかちワイド:2006/10/22(日) 22:39:36 ID:NZN+6tHG0
>>129
それとこれとは全然違う話だと思いますが

136 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:39:37 ID:ZnOjW/Kv0
文法なんて自由でいいんじゃないの?

137 :大和きゅん:2006/10/22(日) 22:39:52 ID:FiJP+88i0
>>130
その後のレスを見てると釣りじゃなくて
本気でそう思い込んでると思われる

138 :佐賀県醤油協業組合:2006/10/22(日) 22:40:20 ID:DpRaLmZv0
小説は読みませんがラノベなら年百冊単位で読んでます

139 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:40:57 ID:yFT/97cb0
>>6
1,12,20じゃないか?

140 :かちかちワイド:2006/10/22(日) 22:41:39 ID:NZN+6tHG0
>>138
ラノベも小説の一種だ
卑下しなくても良いと思うお

141 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:41:44 ID:v5xZsnbv0 ?2BP(151)
>>133
句読点もほとんど使ってないから読みづらいことこの上ない

142 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:41:46 ID:ZnOjW/Kv0
ここ数十年で日本人の言葉遣いも相当変化しただろ?
そんなもんじゃねえの言葉って

143 :不正と佐賀県:2006/10/22(日) 22:42:30 ID:tkuh9czH0
都合が悪くなると「ゆとり」認定かw

オッサンは醜くて卑怯だな

144 :直会料理:2006/10/22(日) 22:42:55 ID:uRCWSiZb0
…は二つ重ねるもあったな。

145 :吉野ケ里歴史公園:2006/10/22(日) 22:43:16 ID:2oeGz7HJ0
鉤括弧内を句点で締めるのは吉本ばなな が使ってたよな。
文体といえばひとつの文体だし、こと作筆になると編集者は文句を着けるみたいだが、
スタイルとしてはどちらでも有りじゃないのか。

小説と言ってもラノベ〜オールカマー〜純文学と敷居の高さも違うし、
俗に言う文学なんてのはストーリーよりは文章の構造であり
文章を組み上げるシステムを評価する文体芸術なんだよな。

146 :うったち:2006/10/22(日) 22:43:25 ID:QhFF8Z5V0
>143 将来おまえもそうなるんだけど…w

147 :佐賀県の公共工事:2006/10/22(日) 22:43:45 ID:U/EbUi+40
>>1
小説は演劇にも漫画にもゲームにもドラマにも容易に変換できるから。
あれだ。ES細胞と同じ。


148 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:44:01 ID:ZnOjW/Kv0
クサチュー文字とか昔の文豪が見たら絶賛したりしてなw

149 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:44:06 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
このように、小説を読み過ぎると、作者の世界が全てであるというような
勘違いをしてしまう馬鹿が出てくる。特に、その作者の身勝手な癖を
公式ルールだなどと脳内で決め付けて、指摘する馬鹿が出てくる。

150 :佐賀市長:2006/10/22(日) 22:46:04 ID:H+qZ8m8j0
そもそも句読点自体が文盲のためのもので
手紙なんかを送るときに句読点入りの文章なんかを書くと
相手方に失礼だとかじゃなかった?

151 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:46:08 ID:C/qazfBX0 ?2BP(0)
ラノベとか漫画は読みやすいが会社の都合で引き伸ばしされるから
小説の方が読みおわったあとの感動が大きい

152 :議員と佐賀県:2006/10/22(日) 22:46:22 ID:UniIx67C0
>>143>>46
オマエさあ…
本読んでる奴を「つまらない」と感じるってのは、
オマエが相手を理解できるだけの教養を
持ってなかっただけなんじゃないの?

オマエには、ゲーセンでボタン連打してる
DQNなツレが似合いだよw

153 :鳴神温泉:2006/10/22(日) 22:46:25 ID:7jwn1g730
俺の中では漫画もアニメも小説もどれも素晴らしい物だ。
優劣なんて付けようが無い。
どれも、それぞれに優れたところを持っている。


といっても、俺が見るものが偏ってるだけかも知れないけれどな。

154 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:46:49 ID:uQMEnZdF0
ジョイスやジョルジュ・ペレックあたりを見ていると
彼らが行なった記号の操作の凄まじさに恐怖さえ感じる

155 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:47:01 ID:5+PH5iSg0
小学校の作文で、原稿用紙の行をはみだしちゃう句読点について、相当悩んだ記憶があるんだが。
なのに、「。」について悩んだ事も、気にした事も無い。習った事も無い。
2chで「、、、。」とか、、、?。って書いて池沼扱いされてびっくりした。
で、ググると、明確なルール違反のソースが見つからない。
どうなってるの?。

156 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:47:16 ID:e0BKXymZ0
こうして戦争は起こった

157 :大和きゅん:2006/10/22(日) 22:47:55 ID:FiJP+88i0
>>50を見れば ID:rneihvRp0も逃げ出したくなるわなw

158 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:48:08 ID:ZnOjW/Kv0
文法にこだわる奴はあれだな、四角いキャンバスに描かなきゃ絵じゃねえとか言い出しそうだな
俺はキャンバスが三角でも丸でもいいと思うけどな

159 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:48:44 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
例えば。」 を次の行に持ってこない、というようなのは習ったよ。

160 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:49:02 ID:vdyiHa8/0
いや、ID:rneihvRp0は釣りだろ

あと>>155、 ?。 はさすがに違和感を感じる

161 :佐賀県と佐賀労働局:2006/10/22(日) 22:49:54 ID:+GO38U/T0
>>152
教養を持ってないと楽しめない、最低の娯楽だな

162 :横領ってなに佐賀県:2006/10/22(日) 22:49:56 ID:Gk4V7ghn0
表彰状に句読点がないのは
句読点は教養のないものの為に作られたからなんだよな

163 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:50:17 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
。」だけ次の行に出ちゃうような場合は、文章を短くして、その行に
収まるようにしなければならない。

164 :そがん:2006/10/22(日) 22:50:30 ID:rneihvRp0
>>157
お前、話の流れを理解してるか?
>>50が何の反論になると思ってる?

相手が何を言ってるのか理解するだけの知能すら無いなら、
無理に噛み付いてくるなよ阿呆。 ( ´,_ゝ`)プッ

165 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:50:35 ID:5+PH5iSg0
>>160
そうか?。
それは失敬した。

166 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:50:40 ID:vIcCubiR0
小説はゲイの娯楽

167 :きたんぶらしか:2006/10/22(日) 22:50:49 ID:T1O4wh1g0
ゲームとは違うだろさすがに

168 :AKINA KHP059134124025.ppp-bb.dion.ne.jp:2006/10/22(日) 22:50:53 ID:vyuDW/Ud0
佐賀県

169 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:51:20 ID:ZnOjW/Kv0
>>163
なんでよ?

170 :佐賀県民ガンバレ:2006/10/22(日) 22:51:25 ID:ucxhYYUy0
2ちゃんねるを縦書きにすると
小説風に書き始めるちゃねらーが増えると思うんだ

171 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:51:33 ID:C/qazfBX0 ?2BP(0)
カッコとか句読点とか好きに表現すればいいじゃねぇかw
そうやって表現の幅が広がっていくんだし、形式に囚われ過ぎるのもアレでしょw

172 :佐賀県の警察署長:2006/10/22(日) 22:51:39 ID:9gmZzjhM0
>>164
ID:FiJP+88i0は放置でおk

173 :へたれの極み ◆oJlmXYegxg :2006/10/22(日) 22:51:59 ID:d9JxZARY0 ?BRZ(3334)
文庫本は時間つぶしに本当にいい

174 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:52:29 ID:NByxis4z0
学校で文章書かせないのが問題なんだよな
大学行ったらまともなレポート書けない奴多すぎてビビるぞ
教師もあきらめてる

175 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:52:41 ID:vIcCubiR0
>>171
ポイントゼロだっせーw

176 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:52:41 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
>>169
原稿用紙だと、最後の字のところに。」を付けちゃう。

177 :佐賀市長:2006/10/22(日) 22:52:44 ID:H+qZ8m8j0
昼飯どきはいつも一人で文庫本読んでる
あはははははあああああああああああああああああああああああああああああああ

178 :そーなんたー:2006/10/22(日) 22:53:37 ID:XH0zVUHJ0 ?BRZ(3051)
文学とかって本自体より読んでる自分が好きなナルシストばっかできめえから読む気が無くなった
アニメでも信者がきめえから見る気が無くなったって言ってる奴の気持ちが解った気がする

179 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:53:38 ID:ZnOjW/Kv0
>>176
枠の外にはみ出して書けばいいじゃん
白い所

180 :横領ってなに佐賀県:2006/10/22(日) 22:53:58 ID:Gk4V7ghn0
。」が駄目とか言うやつは文学に興味ない奴だろ
文章力とは何の関係もない。
そのうち?!は駄目で!?にしろって言うぜ。
括弧に関する知識しかないのかもしれんが。

181 :しかぶっ:2006/10/22(日) 22:54:12 ID:kVrvZDpz0
小説も大昔は低俗な大衆の娯楽だった。
ゲームもあと50年もすれば純文学みたいな地位を確立するよ。

182 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:54:16 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
これは、一族の殆どが教師というエリート教師に習ったから確かだ。

183 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:54:26 ID:62LNRafU0
電車の中で新書読んでる奴を見たらなんとも言えない気持ちになる

184 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:54:36 ID:5+PH5iSg0
>>171
ルール破りで表現の幅が広がるのは結構な事だと思うんだが、
ここで言われてる句読点の表現方法について、実際ルール破りかどうかって、誰も明確な答えを言わないわけで。
あんまり頭の良くない俺には、さて、どうだろう?ってところです。

185 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:55:39 ID:ZnOjW/Kv0
>>182
いやそんな権威主義的発言はいらねんだよ

はみ出しても次の行に書く事になっても別にいいじゃんって思わない?

186 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:55:44 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
>>179
それでもいいって言ってたね。

187 :佐賀県の警察署長:2006/10/22(日) 22:55:53 ID:9gmZzjhM0
>>183
普通に読むだろ

188 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:55:54 ID:vIcCubiR0
>>178
あいつら本当にゲイだよなw

189 :東松浦郡@佐賀県:2006/10/22(日) 22:56:40 ID:5+PH5iSg0
>>180
括弧の知識を教えてくれまいか?。

190 :巡査長と佐賀県:2006/10/22(日) 22:56:52 ID:r6uz5wx40
ルールだからと言ってしまえばそれまでだけど、
読みやすさから言えば文の終わりを示す記号を
二つ並べる必要もないとないと思う。

191 :直会料理:2006/10/22(日) 22:57:00 ID:uRCWSiZb0
出版業界では、読みやすくするために推奨してるとは聞いたが、文法上のルールとは初耳。
大馬鹿な私に教えてください。
風呂入るからゆっくり書いていいわよ♥

192 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:58:59 ID:C/qazfBX0 ?2BP(1)
>>184
その現在の正しいルールってのは教科書作ってるオッサン達が定めたものでしょ。
明確な答えなんてあるわけない。自由にやればいいじゃん、と思った。

まぁ教科書や過去の作品が全てって考え方もアリかもしれんが

193 :げさっか:2006/10/22(日) 22:59:22 ID:/P5y+2aL0
2ちゃん読むのも小説読むのも
文字を読むのは同じなのになんで読書は特別なんだろうね

194 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 22:59:29 ID:ZnOjW/Kv0
芸術に理論とかルール持ち込む奴ってウンコだな

195 :唐津市職員:2006/10/22(日) 22:59:42 ID:a1EsYF1i0
手持ちの小説じゃ「。」「」どっちもあるからどっちでもいいんじゃね

196 :佐賀県の警察署長:2006/10/22(日) 22:59:47 ID:9gmZzjhM0
逃げる>>191

197 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:00:19 ID:uQMEnZdF0
>>194
芸術家が書いた理論書はたくさんあるんだけどね

198 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:00:35 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
宮沢賢治が付けてるんだろ。宮沢賢治は教師だったんだろ。
理由はそれだけで充分過ぎるな。

199 :談合と天下りと佐賀県:2006/10/22(日) 23:01:22 ID:zQjL5wao0
キターだの何だの意味のわからん造語が飛び交ってる便所の落書きで
文章の書き方がどうのこうの言う方が馬鹿ということで

200 :吉野ケ里歴史公園:2006/10/22(日) 23:02:12 ID:FrdNTCce0
。」とか?。は禁則処理系の問題か?
まあ、ともかく、小説ってのは娯楽であることには間違いないわな。

201 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:02:51 ID:C/qazfBX0 ?2BP(1)
ポイントくれたの誰か知らんがサンクス

202 :佐賀県だってよ:2006/10/22(日) 23:03:09 ID:hF8KZwEe0
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1548068

203 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:03:19 ID:OG/u7Iz/0
「。んゃじいいでれこ、あゃじ」

204 :佐賀県政と汚職:2006/10/22(日) 23:03:38 ID:up8s8vHI0 ?2BP(556)
漫画>小説>エロゲ>紙芝居>>>ライトノベル

205 :佐賀県にあるのが佐賀県警:2006/10/22(日) 23:04:01 ID:IkMvACXj0
マジレスすると古い学習指導要綱では台詞のとき「○○、××△△。」にするように教えるようにしてた。
今の学習指導要綱ではどうなってるかわからないが、新聞社や雑誌社の方針では「○○、××△△」にするようにしてるところが多い。
。」だと間延びしてるように見えるし、1文字少ないから編集が楽なのだそうだ。

この「指導要綱」は子供が読みやすく、理解しやすくすることを主眼としているため、本来の文法と異なる用法の可能性も高い。
というか、鉤括弧ですら台詞に使ったり強調に使ったりしていて、「これはこれに使わないといけない」という決まりごとは無いように思える。

読み手に対して分かりやすく使用されてるんなら、どう使おうと問題は無いと思うよ。


206 :きたんぶらしか:2006/10/22(日) 23:04:26 ID:Ym1Ihovc0
専門卒の文章見たことあるんだが
とにかくすごかった

207 :たら竹崎温泉:2006/10/22(日) 23:05:03 ID:hS2RvUgl0
糞アニメや積みエロゲいやいや消化するくらいだったらおもしろい小説読んだ方が絶対いい

208 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:05:21 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
>>205
つまり、マスゴミ=ルールだなどと主張している頭の弱い輩が指摘してくるわけか。

209 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:05:47 ID:We6rdsGR0
サウンドノベル>小説

210 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:06:08 ID:2oeGz7HJ0
まぁどっちでも良いが、あんまり遣り過ぎても笑われるって事だな。

211 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:06:52 ID:ZnOjW/Kv0
リアルサウンド〜風のリグレット〜>>>>>>飯野の肉壁>>>>>小説その他諸々

212 :佐賀県民のささやき:2006/10/22(日) 23:07:20 ID:X7POU+PQ0
小説って映画ができるまでは知能を腐らせる娯楽とか言われていたんですよね…

213 :佐賀県建設工事等入札:2006/10/22(日) 23:07:32 ID:mG6+bBy10 ?2BP(380)
一種の表現媒体の一つ
解釈は受け取り手にある。そこから何を学び、思考するかは個人によりけり
ゲームだろうが、漫画だろうが、映画だろうが好きなもん見ればいい。
ただ、手に取ったことも無いのに価値を否定するのはペコポン

214 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:08:43 ID:bn97iWU60
>>208
まー、「教師の宮沢がつけてるからつけるのが正解」
とかいう思考回路も、十分頭が弱いと思うが・・・・。

脳内で勝手に、一事を万事に普遍化してしまうのは、
頭が弱い証拠だけどね。

215 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:08:56 ID:ZnOjW/Kv0
ゲームだってプログラマーやデザイナーの苦労考えたら凄い物に思えてくるぞ
ファミコン時代ならまだしも最新ゲームなんて技術の結晶だろ

216 :佐賀西信用組合:2006/10/22(日) 23:09:20 ID:RLp/2mma0
>>193
2chだって同じ活字だ

小説はちょっと特殊なジャンルだから除外するとして
短く簡潔に相手に伝えることができる人こそ書くのが巧いと言える

217 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/22(日) 23:10:10 ID:5+PH5iSg0
>>205
どうもありがとう。初めて答えらしい答えを見ました。
結局、慣習上の(それぞれの業界の中での)ものでしかなかったわかですか。
で、ルールとか言ってた奴、死ね。
俺を池沼扱いした奴、死ね。

218 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:10:10 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
>>214
いや、俺はマスゴミと宮沢だったら、宮沢を信じるよ。

219 :佐賀県建設工事等入札:2006/10/22(日) 23:10:24 ID:mG6+bBy10 ?2BP(380)
フランス書院とか二次元文庫でも読んでたらいいんじゃね?

220 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:10:24 ID:vIcCubiR0
>>201
俺だよ
これからも頑張れよ

221 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:10:59 ID:ZnOjW/Kv0
>>216
死ねよゴミムシ

どう!?どう俺!?文才ある!?

222 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:11:59 ID:C/qazfBX0 ?2BP(1)
>>220
ツンデレって生まれて初めて見たよw

223 :談合と天下りと佐賀県:2006/10/22(日) 23:12:24 ID:tDO35Nw80
ゲームやアニメもな見てる・やってる人間が
キモヲタばっかりじゃなきゃ蔑まれねーんだよ

氏ねよクソデブども、おまえらのせいでどれだけの人間が迷惑してい(ry

224 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:12:31 ID:ahCh4Aw60
太宰治も芥川裕之助も、単なるニートだったのにねw

225 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:13:25 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
んで、結局指摘してくるのは、付けない派だったんだよね。
付けない派はマスゴミの手先だったのだな。

226 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:14:21 ID:ZnOjW/Kv0
総括

どっちでも好きな方使えば

227 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:14:46 ID:62LNRafU0
171 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/22(日) 22:51:33 ID:C/qazfBX0 ?2BP(0)
カッコとか句読点とか好きに表現すればいいじゃねぇかw
そうやって表現の幅が広がっていくんだし、形式に囚われ過ぎるのもアレでしょw


175 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/22(日) 22:52:41 ID:vIcCubiR0
>>171
ポイントゼロだっせーw


201 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/22(日) 23:02:51 ID:C/qazfBX0 ?2BP(1)
ポイントくれたの誰か知らんがサンクス


220 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/22(日) 23:10:24 ID:vIcCubiR0
>>201
俺だよ
これからも頑張れよ



映画化決定

228 :佐賀西信用組合:2006/10/22(日) 23:14:50 ID:RLp/2mma0
>>221
もっとこう、心に響く一行煽りじゃないとな・・・

229 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:15:26 ID:2oeGz7HJ0
>>221
>死ねよゴミムシ
2chでは使い古されすぎた物ながら、一回りして或る種の滋味を帯びていると私は感じた、
否、これはこの作者の人となりから現出した痛切な心情の発露と捉えても良いのではないだろうか?

230 :きたんぶらしか:2006/10/22(日) 23:15:41 ID:Ym1Ihovc0
漫画はともかく
ゲームってwwwwwwww糞ガキ向けの娯楽じゃねーかww

231 :佐賀県にあるのが佐賀県警:2006/10/22(日) 23:16:37 ID:r6uz5wx40
>>216
報告書の類がそれだね。
2chでは5行以上のレスは読まない。
どこか損してることもあるのだろうけど。

232 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:18:16 ID:vIcCubiR0
>>222
>>227
ごめん
すごく言い辛いんだけど、>>220は嘘なんだよね

233 :鹿島市職員:2006/10/22(日) 23:18:18 ID:KEZe2yJC0
>>224
芥川はニートじゃないよ?
灯台卒で教師だ。
太宰は名家の生まれだし。
作家=ニートみたいなこと言う人いるけど、明治期の頃の作家なんてほとんどが文系エリートだ。

234 :美古都たん:2006/10/22(日) 23:18:28 ID:FiJP+88i0
>>205
今の指導要綱でも 。」 で教えてる
ただ確かに雑誌社とかは 」 のみってとこも多い
実際の小説でも 。」 もあれば 」 のみってのもある
つまり決めの問題であってどっちが正しくて、どっちが
間違いってことじゃない

だから
>>12みたいなこと言うのが間違い

235 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:18:34 ID:uQMEnZdF0
「結局、こども向けでしょ」とか「どうぜ大衆娯楽」という既成の枠を超えて
なんかやってやろうじゃんという人間が出てくれば、いくらでも変わるよね

236 :佐賀銀行倒産メール事件:2006/10/22(日) 23:18:35 ID:Q+QfmBd/P
漫画の週刊連載はいい加減改めた方がいい

237 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:19:12 ID:C/qazfBX0 ?2BP(1)
>>232
死ねよゴミムシ

238 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:20:07 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
>>12はマスゴミの犠牲者だからな。これ以上増やしてはならない。

239 :かちかちワイド:2006/10/22(日) 23:21:35 ID:YB6umT+v0
>>233
名家の生まれだとニートじゃないのか?

240 :佐賀県の教育問題:2006/10/22(日) 23:22:25 ID:MYDXQgoXO
>>232
格闘技経験無いのに俺に喧嘩を売るとは

241 :佐賀県建設工事等入札:2006/10/22(日) 23:24:27 ID:mG6+bBy10 ?2BP(380)
>>232
ん?

242 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:25:47 ID:We6rdsGR0
>>232を見なかったことにしますか?

ニアはい
  いいえ

243 :鹿島市職員:2006/10/22(日) 23:26:15 ID:KEZe2yJC0
>>239
ああ、書き方わるかったね。
堕罪は学校卒業してすぐに職業作家になってるからニートじゃないだろ。
実家に支えられてる部分はあったかもしれないけど。

244 :佐賀県建設工事等入札:2006/10/22(日) 23:27:19 ID:mG6+bBy10 ?2BP(380)
アンカー間違えた

>>239
お前は何を言っているんだ?

245 :豊川信用金庫事件:2006/10/22(日) 23:27:54 ID:kR36YUdr0
上がりましたわよ。
あら、まだですか?

246 :きゅらぎ温泉:2006/10/22(日) 23:28:41 ID:6rRKJIi/0
あと10年くらいすれば、変わりそうな気がする。
ゲームやマンガで育った世代がマスコミや出版社の
重役クラスになっているだろうから。

247 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:29:01 ID:Z0KDGcQL0
どっかに「漫画は娯楽として最低だ。活字嫁。」みたいなこと書いてるおっさんがいたけど、
娯楽の究極の目的は楽しむことだろ。常識的に考えて…

248 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:29:31 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
まぁ、言ってみれば、芥川も太宰も、
マスゴミの犠牲者だったのだな。

249 :筑後:2006/10/22(日) 23:33:00 ID:i+rr7YXq0
本来は「」が正しいの知ってて「。」使ってるんだよ
単なる無知で「。」使ってる阿呆とは違うんだよ

とか言ってるやつって馬鹿?
犯罪だと知ってれば人を殺してもいいの?

250 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/22(日) 23:33:49 ID:5+PH5iSg0
>>247
でもな、活字読んで脳内麻薬を発する人もいるわけで。
俺も、うんこする時に、トイレクイックルとかドメストとかの成分表示を見ちゃうタイプだし。
まぁその辺の楽しみをしゃぶる感覚は、漫画だろうとアニメだろうとゲームだろうと変わらんな。

251 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:34:18 ID:sb2TyTtM0
>>246
問題はゲームとマンガ だけ で育った人間がでてくること。
もう製作者側にも普通に出始めてるけどな。

252 :豊川信用金庫事件:2006/10/22(日) 23:34:20 ID:kR36YUdr0
       ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい>>12
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |

253 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:34:48 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
芥川や太宰も最初は付けてたかもしれん。マスゴミが勝手に削ったのだ。
普通の教育を受けたものなら付けるはずだからな。マスゴミが勝手に新たな基準を
設けて、こうしない奴は馬鹿と決め付け始めたのだろう。最悪だな。

254 :佐賀県庁の秘密:2006/10/22(日) 23:35:11 ID:MYDXQgoXO
>>247
漫画を楽しめるような人格を持った奴は最低だと言いたいんだろう
知るかって感じだが

255 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:36:16 ID:62LNRafU0
>>251
邪気眼世代だな


256 :筑後:2006/10/22(日) 23:37:03 ID:i+rr7YXq0
>>253
なんでもマスゴミに責任転嫁してんじゃねえよ
芥川や太宰は無知の阿呆
これでいいじゃねえか
所詮メンヘラ自殺作家

257 :ひーたれ:2006/10/22(日) 23:37:20 ID:mOlsddlj0
>252
http://hissi.dyndns.ws/read.php/news/20061022/cm5laWh2UnAw.html
こんなのだからあれでいいんだよ

258 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:37:25 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
>>256
でも、川端は付けてるんだよね。

259 :ねらー:2006/10/22(日) 23:37:36 ID:plhjEJuF0
特別視する必要ねえよ。ちょっと複雑で頭使うってだけだ。
大体、活字をマジになって読んでも何も良い事ないぞ。

260 :汚職談合飲酒運転セクハラと佐賀県:2006/10/22(日) 23:37:37 ID:fv54Iat20
>>246
漫画だけ読んできた人間がお偉いさんになるのか。そいつはまずいな
文学はルーツだから崇められるのも仕方ない

261 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:38:41 ID:xtSEcN2b0 ?PLT(11151)
ライトノベルはバカっぽいよね

そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが。

262 :やまもとはちろう h219-110-137-019.catv02.itscom.jp:2006/10/22(日) 23:38:47 ID:KXGe9kiF0
佐賀県

263 :佐賀県建設工事等入札:2006/10/22(日) 23:39:19 ID:mG6+bBy10 ?2BP(380)
>>249
なんという極論・・・(以下略

確信犯とか役不足とかでも、イチイチ揚げ足取るやつが入るけど
相手に表現したいことが伝わるのであれば形式なんかどうでも良いよ。
形式を守った方が、より大勢の人間に誤解なく伝わるだけ。

264 :雪見だいふく 60-56-95-124.eonet.ne.jp:2006/10/22(日) 23:39:24 ID:ctnF/6SA0
佐賀県

265 :筑後:2006/10/22(日) 23:43:42 ID:i+rr7YXq0
>>260
でもさ、文学や映画は高尚な娯楽として認められてて
表現方法としてその中間に位置している漫画が低俗といわれるのは意味わからんな
週刊漫画雑誌に低俗な漫画が多いのは認めるけど、漫画という表現方法のジャンル自体を貶めるのはおかしい

266 :豊川信用金庫事件:2006/10/22(日) 23:46:00 ID:kR36YUdr0
くそっ!萎んじまった。
お約束書き込むか。

論破したぜwwwwwwwwwwwwwwww

267 :汚職談合飲酒運転セクハラと佐賀県:2006/10/22(日) 23:46:35 ID:fv54Iat20
>>265
まずは漫画が文学並の作品を残せるかどうかだな
まだ焦る時間じゃない

268 :筑後:2006/10/22(日) 23:47:05 ID:i+rr7YXq0
>>263
俺個人としては「」でも「。」でもどっちでもいいじゃねえかと思ってるよ
ただ意味不明な理論で自分の好きな作家を守ろうとしてる奴がいるからさ

269 :フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. :2006/10/22(日) 23:47:25 ID:rO3lE8Sf0
>まずは漫画が文学並の作品を残せるかどうかだな
すでにたくさんあると思うんだが。

270 :監視なんてしてません佐賀県:2006/10/22(日) 23:47:54 ID:6J6SguK70
小説の方がいろんな面で経済的だなぁ
と思うことはある
歴史物とかの長い話は小説で読みたい
ただアクション物はやっぱ漫画や映画の方がおもろい

271 :ABC FLH1Ago149.aic.mesh.ad.jp:2006/10/22(日) 23:47:59 ID:dE0e8muz0
佐賀県

272 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:48:41 ID:bPMfL/2I0 ?BRZ(3460)
全てはマスゴミのせいだな。大体、マスゴミの基準が元になってるから
そうしなきゃならんなんていうのは、反2ch的発言と取られても言い訳はできない。

273 :談合と天下りと佐賀県:2006/10/22(日) 23:48:55 ID:zQjL5wao0
>>269
必要なのは年数だな

274 :鹿島市職員:2006/10/22(日) 23:49:17 ID:KEZe2yJC0
>>265
漫画が低俗かどうかじゃなくて、
出版社の上に行くような人間が漫画しか読んでなかったらそりゃマズイだろ。
逆に言えば小説しか読んでない人間もマズイし、映画しか観てない人間もマズイ。
まあ、そんな人間はそもそも上には行かないような気がするけど。

275 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/22(日) 23:51:05 ID:sb2TyTtM0
>>269
たくさんあるか?そりゃ0ではないだろうけどまだ文学のそれと比べれば
扱うテーマもまだまだ低俗なのばかりだろ

まぁ、漫画はまだ歴史が浅いってのがまず一番の要因じゃないかな

276 :佐賀県政と汚職:2006/10/22(日) 23:55:49 ID:2MZYcy4U0
>>1
柄谷行人が理由についていろいろ書いてるよ。
国民国家と結びついた、言文一致運動というのが鍵。
小説が偉いっていうよりも、口語体の文章が偉かったって事。

でもそういう時代は終わって、今は漫画や映画やテレビと変わらない娯楽と見て良いって。
新聞の権威も失墜してるでしょ。

277 :佐賀県だってよ:2006/10/22(日) 23:57:56 ID:684BL7Uo0
ラノベの定義って何?

278 :たいかぶっ:2006/10/23(月) 00:01:14 ID:ubp825m70
小説?どこの思想家だよ

漫画?そんなのより文学読めよ文学

テレビ?そんなの見てたら勉強ができません!!!

ゲーム?小学生で卒業しろよ

ネット?そのまま一生引きこもってろ  ←いまここ

279 :佐賀県と佐賀労働局:2006/10/23(月) 00:02:31 ID:y3W1qgnu0
読まないじゃなくて読めないってヤツが増えたなぁとは思う

280 :佐賀県の教育問題:2006/10/23(月) 00:04:07 ID:NbV+sLUO0
>>277
明確な定義ってのはないが、一般的にはアニメっぽい
萌え系の挿絵が入った、SFとかファンタジー系の
娯楽小説って感じ

281 :しんのす:2006/10/23(月) 00:06:58 ID:i19eS41Z0
ラノベは商業的な区分だと何度言えば

282 :up i121-113-189-213.s05.a014.ap.plala.or.jp:2006/10/23(月) 00:07:01 ID:eBiYa7f90
佐賀県

283 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 00:07:17 ID:ZxZrLR/H0
マスゴミ、マスゴミ言ってるアフォが痛いな

284 :神埼そうめん:2006/10/23(月) 00:11:14 ID:7iWchET/0
15過ぎてラノベ読んでるやつは
脳の病気。

285 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 00:14:31 ID:ErVyQmuh0
このスレのレスの大半が理解できない俺は
間違いなく無教養


286 :佐賀県庁:2006/10/23(月) 00:14:39 ID:7AXh+wwM0
漫画は絵で勝負するところもあるんだから文学と比べても意味ない。ライトノベルこそ微妙な位置だな。

287 :あそぼーさが:2006/10/23(月) 00:19:14 ID:t1iFKQOM0
>>257
アホの典型みたいな読点の使い方だな。
特徴としてはじめらへんの文節にやたら読点を使いたがる。

288 :佐賀県の教育問題:2006/10/23(月) 00:24:02 ID:NbV+sLUO0
>お前、先週同じことを、わけわからん日本語で質問して
>これって、細菌とかそういう病理学的な話?

こんな文章書く奴が。」使ってる奴は小3レベルの阿呆とか
言ってたのかw
ワロスw

289 :水質汚濁と町田川:2006/10/23(月) 00:32:23 ID:UDx5up2O0
みんな読め

290 :こがん:2006/10/23(月) 00:33:43 ID:hNTEsB7E0
月姫は文学を越えた。

291 :サガン鳥栖:2006/10/23(月) 00:35:43 ID:rFCdSpbP0
今の技術じゃ人間の想像力には勝てやしないから
文字だけっていうのは特別なのかもしれません

292 :佐賀県庁:2006/10/23(月) 00:36:01 ID:7AXh+wwM0
>>290
月姫は─────────文学。

正しくはこうだ。

293 :炒飯 ◆dkGgj.f1S6 :2006/10/23(月) 00:37:04 ID:4s3d0pXvO
小説は読まないけど、トルネコとかドラクエとかの
文字ばっかりのゲームブックは読むよ。楽しいし

294 :佐賀県民いる?:2006/10/23(月) 00:37:55 ID:QD4rln6T0
>>292
時々何かを馬鹿にするレスでその手を見るけど月姫だったのか
京極夏彦も使うよね

295 :ABC FLH1Ago149.aic.mesh.ad.jp:2006/10/23(月) 00:37:59 ID:uoCbfrgk0
佐賀県

296 :使途不明と関係ない佐賀県:2006/10/23(月) 00:40:03 ID:t89Cf+5t0
>>269
例えば?

297 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 00:40:28 ID:fnZ7JHYa0
>>290
俺は月姫をやってみて、自分には絶対こういうのは受け入れられないと確信した。
ラノベは1冊も読んだ事が無いけどあんな感じなのか?
読まず嫌いはしたくないが、月姫のおかげで未だにラノベには手を出せない。
それくらいあれはトラウマを遺してくれた

298 :佐賀県の警察署長:2006/10/23(月) 00:43:05 ID:uR3Wkt8Y0
マンガも読書に含めれば解決

299 :大和きゅん:2006/10/23(月) 00:43:20 ID:T5VJCtMo0
>>1
しかしいつまでもこの切り口で記事を書けるのが凄い。
30歳過ぎの俺が知る限りでも、20年前からこんなこと言われ続けてるだろ。

いい加減「読書は素晴らしい」みたいな価値観で語る奴の頭の固さの方を
問題にした方がいいんじゃないかと思う。

300 :うーどーしょー:2006/10/23(月) 00:43:41 ID:1XC+yWD+0
>>215
プログラムなんて文章の技術の究極みたいなもんだからな
一つでも意味を間違えると動かない

301 :佐賀県庁:2006/10/23(月) 00:44:35 ID:7AXh+wwM0
>>297
やったことないけどアホみたいに時間を使うんだっけ?ラノベはもっとさくさく読めるんじゃね?ラノベもよんだ事無いが。

302 :こがん:2006/10/23(月) 00:45:30 ID:hNTEsB7E0
もちろん月姫がくど過ぎる。
ラノベは滝本なんとかみたいなのだと思う。

303 :佐賀県の警察署長:2006/10/23(月) 00:47:37 ID:uR3Wkt8Y0
月姫?
絵が下手なゲームなど話にならぬ。

304 :佐賀県と佐賀労働局:2006/10/23(月) 00:48:33 ID:y3W1qgnu0
ガキの頃乱歩大好きだった
漫画だとあーいうのは無かった
いつもドキドキしてた

305 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 00:49:16 ID:a7Az8bTV0
答えは簡単だろ。昔からあるから。

306 :てなんかけ:2006/10/23(月) 00:50:03 ID:onjcaZtz0
別に特別視されてねーし

307 :佐賀県民いる?:2006/10/23(月) 00:50:47 ID:QD4rln6T0
ライトノベルが一般的認知度を得た世代ならば、せめて通過しておいてほしいね
自分は卵王子カイルロッドにおいて主人公が狂っちゃうところに勃起して文学に移行した
最近はハルヒのような現代を舞台にしたサイエンスフィクションも多いから次世代が楽しみでもある

308 :佐賀県の警察署長:2006/10/23(月) 00:52:47 ID:uR3Wkt8Y0
>>307
>近はハルヒのような現代を舞台にしたサイエンスフィクション

サイエンス?

309 :三潴県:2006/10/23(月) 00:53:34 ID:t1uvnKZzO
>>304
乱歩の短編の面白さは異常

310 :佐賀市長:2006/10/23(月) 00:54:41 ID:FZZr/K110
受け手に想像力を喚起させる力が必要とされるからじゃね


311 :佐賀県民いる?:2006/10/23(月) 00:55:48 ID:QD4rln6T0
>>308
ジュブナイルって言った方がよかったかもしれない

312 :げさっか:2006/10/23(月) 00:59:09 ID:ZCCY+zP70
ラノベ板には三十路以上のおっさんが沢山いるよ

313 :おまえが言うな:2006/10/23(月) 01:07:29 ID:ndyHmIrs0
本つまんねーもん。
読んでる奴も暗くてつまらない人間ばっかだったし。

314 :佐賀県商工会連合会 :2006/10/23(月) 01:10:26 ID:E483HGPA0
まあ本なんか読まない方が明るく楽しい人生送れるんじゃないか?
余計なこと考えずにすむし。

315 :佐賀県知事とプルサーマル:2006/10/23(月) 01:11:50 ID:NbV+sLUO0
元々SF物とかファンタジー物、推理物が好きでガキの頃は
ハヤカワ文庫とか読んでて、その流れでロードスとか読んでたら
いつの間にか自分の読んでる物がラノベとか呼ばれてた
だから正直自分が読んでるのがラノベって意識はあんまりない

316 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/23(月) 01:12:34 ID:y3W1qgnu0
深刻なテーマの話苦手
小説でも漫画でも


317 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 01:16:46 ID:Elf1xCRx0
>>315 ハインライン大好きさ

318 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/23(月) 01:17:33 ID:y3W1qgnu0
>>317
ねこかわいいね

319 :かすくいだす:2006/10/23(月) 01:18:08 ID:GmCMe6P2O
小説はアレだな、字が多いから。日常の表現力付くんでね?

漫画じゃ表情とか背景とか効果線とかフキダシの形とか
上手に伝わるけど自分が何か伝えたいとき漫画で得た表現力で
絵を描いて説明するわけにはいかない。
小説なら言葉(声)やら文章に活かせるわけだ。

まぁ、俺は字が多いから小説読まないけど。

320 :筑後:2006/10/23(月) 01:19:41 ID:t1uvnKZzO
小説は読めるのに
字が多いマンガは読む気失せるのは何故だぜ?

321 :あいたー:2006/10/23(月) 01:21:21 ID:1XC+yWD+0
読書好きな人間って
性格悪い奴多いと思う

322 :住ノ江港の整備:2006/10/23(月) 01:22:53 ID:ltqgHZaX0
小説なんか読んでると馬鹿になるから技術書を読めと福沢諭吉先生も学問のすすめの中で語られております

323 :佐賀県の出納長:2006/10/23(月) 01:23:19 ID:rdZXFGIq0
漫画だってポンチ絵(プレゼン資料)作る能力に直結するから悪くないと思うがなぁ

324 :だちあかん:2006/10/23(月) 01:23:29 ID:2prRdQmB0
電車内が暇だと思って、漫画買ったら、
京都〜新高槻間で読み終わってしまったから愕然とした。漫画はコストパフォーマンス悪すぎだと思う

325 :かくさん:2006/10/23(月) 01:23:57 ID:U8bpI5/T0
>>320
島耕作だからだろ

326 :神埼そうめん:2006/10/23(月) 01:25:00 ID:b+CwjCMp0
裏最萌2006 Aブロック準決勝!!
<<園崎魅音>> に投票おねがいします

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「会則第1条!狙うのは1位のみ!」
                           /      \
          /⌒ヽ            /   >、    \
  , --、-―‐<     ヽ             /   /    ヽ     \
. /    ̄⌒ヽ \.   ヽ           /  /      j!
/ /  / ァヘ   ヽ V  ヽ           { /        /l!
レ{  {、{ | j,ィ}  ', j !   ヽ       /       / /
 V{ ハtト '^f;;ア!  }ハl  __ゝ一 ''´こア′     _/     ____
. ヽヘ八 v‐、 jリ jく_,,-‐了´ / ̄        ,.-<     /     /
    ヽi.`ー'7くル/〃/   {/   ヽl_, イ   ヽ   ∠. ___  /
/^}ぅ   厂f7//〈〈/  , イ       }/     }        ヽ/
Vツ    Y::{ lQ ヽヽヽ-{       〃r――-, イ
<<園崎魅音>> CV:雪野五月

最萌2006コード発行所(裏)
http://tcode.sakura.ne.jp/uramoe/code/
最萌2006投票スレ(裏)
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1161353890/l50
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

327 :佐賀県知事とプルサーマル:2006/10/23(月) 01:25:21 ID:NbV+sLUO0
>>320
昔は小説が今のマンガみたいな低俗なものって
扱いだったんだよな
小説なんか読んでる奴はろくな人間にならない
とか言われてw

328 :武雄@佐賀:2006/10/23(月) 01:25:32 ID:t1uvnKZzO
>>325
デスノートだよ

329 :だちあかん:2006/10/23(月) 01:26:40 ID:2prRdQmB0
>>322
あの頃の時代は、役人になって立身出世することこそが、若者全員の目標って空気だったからだろ。
実学を唱えた福沢諭吉に関しては、特にそれが強かったんじゃないかな。
文学は富国強兵の邪魔と見られていたし。

330 :佐賀があぶない:2006/10/23(月) 01:27:08 ID:Qu8k1cGc0
俺の読書好きの原点も乱歩だ
まず図書室の乱歩から入って乱歩が影響受けたポーとか海外ミステリの有名なやつ読み漁って
また乱歩に戻って同じく影響受けた谷崎とかそっち方面に進んでった

331 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/23(月) 01:27:29 ID:y3W1qgnu0
今の漫画ってコマ大きくて、なかなか話すすまん
アクション物は迫力あっていいけど


332 :佐賀県知事とプルサーマル:2006/10/23(月) 01:28:25 ID:NbV+sLUO0
ガキの頃はとりあえず江戸川乱歩とか
シャーロックホームズにハマるのが
お約束だなw

333 :だちあかん:2006/10/23(月) 01:29:23 ID:2prRdQmB0
ガキの頃は「ズッコケ三人組」シリーズだろw
今読んでも結構おもしろい。

334 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/23(月) 01:29:55 ID:y3W1qgnu0
小学校の時読んだ
孤島の鬼は衝撃的だった


335 :佐賀県体育協会:2006/10/23(月) 01:31:20 ID:Yh8wjObT0
小学生の頃から小学生向けに翻案してあった信長公記とか保元平治物語とか読んでたw

336 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 01:31:45 ID:rWCzfjtu0 ?2BP(150)
岡本太郎が「本を読め、ただ小説は読んでも意味ない」と言ってたな。
俺は岡本太郎が嫌いだから、無視して三国志を読んでるが。

337 :よてなし:2006/10/23(月) 01:31:54 ID:GmCMe6P2O
>>328
お前は俺かwww


338 :警察署と佐賀県:2006/10/23(月) 01:32:01 ID:gFfQJGoH0
読む習慣ある人は漫画と変わらない感覚で読んでると思うんだけど、活字苦手な人が特別視してるんじゃないの。

339 :不正と佐賀県:2006/10/23(月) 01:33:37 ID:uR3Wkt8Y0
>活字媒体読書
マンガも活字だろ。

340 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/23(月) 01:37:52 ID:y3W1qgnu0
>>338
確かに読むときはあまり意識しないね
はなし面白ければどっちでもいいや

341 :ABC FLH1Ago149.aic.mesh.ad.jp:2006/10/23(月) 01:37:59 ID:uoCbfrgk0
佐賀県

342 :佐賀商銀信用組合:2006/10/23(月) 01:38:22 ID:R6dknJGV0
最近読んだ駿河城御前試合は面白かった。

343 :嬉野温泉:2006/10/23(月) 01:41:30 ID:eA+/6VDFO
何で高学歴の奴ってちょっと時間の隙があれば読書ばっかりしてんの?

344 :カチガラス:2006/10/23(月) 01:42:56 ID:t1uvnKZzO
>>343
それは偏見だぜ

345 :談合のない佐賀県:2006/10/23(月) 01:48:16 ID:eA+/6VDFO
>>344
バイトの時に思ったぜ。高学歴=読書してる
DQN、Fラン=漫画、携帯いじり
うまくまっ二つに別れてたぜ。

346 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 01:49:03 ID:oeQfJ03s0
てか映画って崇高に見られすぎじゃね?
正直ラノベと同じランクだよ
ラノベが低く見られすぎ

347 : ◆NEETaf8m/6 :2006/10/23(月) 01:49:48 ID:2/LUSJHh0 ?BRZ(1100)
小中学生が日本語に親しむために読むのは構わないんだけど、いい歳して
小説好きの連中はいけすかないタイプの人間ばかりだ。

348 :唐津市職員:2006/10/23(月) 01:49:53 ID:ovwNLRte0
小説はまだわかるが、映画鑑賞がゲーム・マンガよりも高尚な趣味みたいな
位置づけなのがわからない。
ただ見てるだけなのに。

349 :しっちょんちょん:2006/10/23(月) 01:51:41 ID:onjcaZtz0
いい年してラノベで喜んでる池沼は屠殺すべき

350 :あいたー:2006/10/23(月) 01:52:25 ID:1XC+yWD+0
そういや高校の時英語のリーダーがシャーロックホームズで
話の内容を全然知らない人間が多くて衝撃受けたな
みんなそのぐらいの歳だったら読み終えてるものかと思ってた、一応進学校だったし

351 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 01:52:59 ID:9OY9xiKs0
映画は社会ネタがあるから

352 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 01:54:36 ID:fnZ7JHYa0
小中学生時代を太宰、村上春樹、エヴァと共に歩む

これ最強

353 :フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. :2006/10/23(月) 01:55:40 ID:TC4XKIKB0
>>346
俺映画嫌い。見てて退屈だから付き合いで映画見に行っても必ず寝ちゃう。
レンタルビデオしょっちゅう借りてる奴ってなにが面白いのかわからん。

354 :やっぱり佐賀:2006/10/23(月) 01:56:11 ID:7AXh+wwM0
ラノベは重い作品ってあるの?ツンデレ物しかないの?

355 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 01:56:34 ID:AqcPKheB0
本読まない奴って徹底的に読まないよな
情景を想像するのが楽しいんだって言っても理解できないらしい

356 :だちなし:2006/10/23(月) 01:57:47 ID:doBm244B0
ラノベ(苦笑)

357 :フルーツ羽二重餅 ◆FruitZ.DG. :2006/10/23(月) 01:58:37 ID:TC4XKIKB0
本たっていろいろジャンルあるしなあ。学術書やら教養書やら文学やら。
俺は物語的な書物はあまり好きじゃないからめったに読まないけど、
教養書と興味のある分野の学術書はいくら読んでも飽きないよ。

358 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:00:50 ID:b1Kb3v0j0
能や歌舞伎なんかでもそうだけど古くなると「文化」に格上げされて
ただの娯楽でも高尚そうなパッケージになってしまうってだけの話。

359 :AKINA KHP059134124025.ppp-bb.dion.ne.jp:2006/10/23(月) 02:00:54 ID:AnzDssND0
佐賀県

360 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:01:41 ID:U/KV/ROo0
>>350
>そういや高校の時英語のリーダーがシャーロックホームズで

皆さん見てください
本を沢山読んでもこの程度です

361 :あそぼーさが:2006/10/23(月) 02:06:33 ID:eA+/6VDFO
>>360
衝撃を受けたらしいよ

362 :いんのくそ:2006/10/23(月) 02:09:51 ID:HCo8R0nI0
大衆文化かサブカルチャーかの差では?
少し前までは漫画とかは子供向けで限られた世代の人間の文化だったし。
でも最近は大人でも漫画読む時代だから次の世代では状況が変わってるはず

363 :唐津信用金庫:2006/10/23(月) 02:11:46 ID:+pblYRX30
小説なんて娯楽だろ
学校で読ませるな

364 :贈収賄と佐賀県:2006/10/23(月) 02:16:30 ID:uR3Wkt8Y0
キマイラシリーズは、今で言う処のラノベに入るんだろうか。

365 :どぶ:2006/10/23(月) 02:17:58 ID:2VtvUHElO
俺も中学生くらいの時、本を読むのがなんか偉いように思っていた時期があったな。別にそんなこともないんだけどね。ああ…携帯みている場合じゃねぇ…もう寝ないと明日じゃなくて今日が辛い…

366 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:18:13 ID:U/KV/ROo0
シャーロックホームズは小学生のときハマって結構読んだな
内容殆ど忘れちゃったけど

あれなんだっけ、変な絵文字みたいなのが暗号になっててどうのこうのってやつ
人型の文字が旗あげてたりするの
象形文字みたいな奴

367 :佐賀県商工会連合会 :2006/10/23(月) 02:23:06 ID:Yh8wjObT0
>>364
ソノラマだしラノベでいいんじゃね?

そういやキマイラってどこまで読んだんだろ、機械獣ヴァイブも思い出せねぇ。

368 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:23:20 ID:b1Kb3v0j0
>>366
踊る人形

369 :住ノ江港の整備:2006/10/23(月) 02:24:31 ID:jOjS7Mto0
想像力が無いバカは小説が読めない
読んだとしてもバカ向けベストセラー程度

370 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:25:09 ID:U/KV/ROo0
>>368
それだ

シャーロックホームズって種明かししてくれないと
ゼッタイ謎解けないよな

先に金田一少年にハマってその後読み出したから困惑した

371 :サガ・ライトファンタジー:2006/10/23(月) 02:30:54 ID:NzNWVvh/P
本を読めってのは小説を読めってことなのか?

372 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:32:24 ID:U/KV/ROo0
本読んでも頭よくならねえよ

だって俺バカじゃん
俺見りゃわかるじゃん

373 :こがん:2006/10/23(月) 02:40:22 ID:oeUqzUqe0
漫画とかゲームより、岩波文庫に入ってる赤と黒の邦訳なんかの方が燃えるじゃん
別に高級気取ってるわけじゃないけど、小説は自分に重ね合わせたり出来るじゃない?

漫画には絵柄があるし自分の想像力を喚起させられないからなんかね
要するに妄想力の問題

374 :横領ってなに佐賀県:2006/10/23(月) 02:44:14 ID:XsZmKo9E0
お前らおすすめのミステリ小説教えてくれ

375 :佐賀はやっぱり:2006/10/23(月) 02:47:55 ID:Qu8k1cGc0
「Xの悲劇」「Yの悲劇」は読んどけ

376 :ABC FLH1Ago149.aic.mesh.ad.jp:2006/10/23(月) 02:47:59 ID:uoCbfrgk0
佐賀県

377 :みんご:2006/10/23(月) 02:51:28 ID:onjcaZtz0
小説ぐらい池沼でも読める

378 :佐賀県庁の秘密:2006/10/23(月) 02:53:05 ID:NbV+sLUO0
>>368
シャーロックホームズはいまどきの推理小説みたいに
謎解きを楽しむというより、いわゆる冒険小説だからな

379 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:54:17 ID:9OY9xiKs0
小説を読む事は人生の浪費

380 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 02:59:29 ID:b1Kb3v0j0
>>378
現代の日本人がホームズの謎解きを楽しむにはありえない
くらいの教養が必要だろう。時代背景から価値観まで何も
かもが違い過ぎる。

381 :佐賀西信用組合:2006/10/23(月) 03:01:29 ID:t/co617L0
俺も小学校の時はホームズだったな。学校の図書室にあったやつは全部呼んだ。
高校の時は清水一行?だったかの企業物にハマったな。ヤマハの話はおもしろかった。

382 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:04:05 ID:wgLmc3Qk0
小説は漫画より上だと見下してる奴はわたしは真悟嫁

383 :三潴県:2006/10/23(月) 03:06:34 ID:skDkG2Pq0
活字の方が読むのに時間がかかって長もちするし、お得感がある。
娯楽として安上がり。
漫画はすぐ読み終わっちゃうし、続き物が基本だしキリがない。

384 :個人情報身と佐賀県:2006/10/23(月) 03:08:33 ID:YL5N/efy0
俺んちの親父は中島らも?をよくBOOKOFで買ってくる

385 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:08:39 ID:U/KV/ROo0
娯楽の王様はどう考えてもネットだろ

違法行為ドンと来いな気持ちがあれば

386 :干潟物産館と佐賀県:2006/10/23(月) 03:08:54 ID:9CK1GnaP0
お勧めの本スレじゃなかったのか

387 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:09:13 ID:Dgv7xcTK0
村上春樹の小説とサウンドノベルのエロゲとの違いが分からない
小説読まなくてもエロゲやってればいい

388 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:09:41 ID:wgLmc3Qk0
>>333
株式会社の話とか面白かったな

映画は見てるだけとか池沼か

389 :あなまたくされ:2006/10/23(月) 03:11:13 ID:HCo8R0nI0
小学生の頃ホームズ読んでたけど
まだらの紐のトリックはちょっと無理があるだろと思った

390 :ABC FLH1Ago149.aic.mesh.ad.jp:2006/10/23(月) 03:11:19 ID:uoCbfrgk0
佐賀県

391 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:14:15 ID:U/KV/ROo0
小説は読むより書くほうになりたいんだけどやっぱりアフォには難しい?
これからの時代儲からないのかな

392 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:14:28 ID:ymWCxlyk0
漫画読むと頭が良くなるって養老とかいうおじさんが言ってた

393 :佐賀県大好き:2006/10/23(月) 03:17:26 ID:QAMb1E6T0
活字媒体って、2chも含まれるだろ・・・

394 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 03:29:28 ID:/KYIkSq20
小説ツマンネーよ。所詮作り話だからな
興味のある分野の学術的な本のほうが100倍は楽しめるし
論文のルールに則った文章を読むと頭に良い
小説はそこら辺いい加減

395 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:30:57 ID:M2hyX6ky0
村上春樹に萌え絵つけてライトノベルとして売ったら売れるんじゃね

396 :むぞーか:2006/10/23(月) 03:33:58 ID:UUu573AT0
ゲームはかなりハイレベルな娯楽だと思うけど
自分で努力しなければ先に進めないしね
カードゲームなんて自分でカード組み合わせてデッキ作らないといけないし
最も高い知能を要求される遊びだと思う

397 :佐賀県産業振興センター:2006/10/23(月) 03:38:17 ID:MtZJc5480
芥川龍之介の作品なんてほとんど20代の時に書いてるんだぜ?
あの語彙力と表現力は素直にすげーよ。
まぁキチガイで自殺したわけだが。

398 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:40:28 ID:zH0lWGLD0
>>396
読書もカードゲームと同じ休養の一形式

「読書とは私を、他でもない、私一流の本気から休養させてくれるものなのだ。」
F・ニーチェ

399 :温泉湯豆腐:2006/10/23(月) 03:41:42 ID:JiN6i5xl0
小説だと出演者や演出を読む人がやれるから、
自分に都合のいい美しい誤解はけっこうありそうだね。

400 :汚職と佐賀県:2006/10/23(月) 03:44:04 ID:QD4rln6T0
>>394
語学は学術らしいですよ?

401 :サガ・ライトファンタジー:2006/10/23(月) 03:45:17 ID:BGbxTwGF0
挿絵が無いから

402 :温泉湯豆腐:2006/10/23(月) 03:45:46 ID:JiN6i5xl0
映画のシナリオの効率のよさは異常。

403 :Administrator user166.clubs172.megax.ne.jp:2006/10/23(月) 03:45:51 ID:TYdFrdU20
佐賀県

404 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 03:50:17 ID:/KYIkSq20
小説は語学なの?w

405 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 03:52:55 ID:zH0lWGLD0
>>404
語彙が増えるんだから、そういう側面もあるんじゃね?

まあ、無味乾燥なワードビルダーを読むよりはマシだろ

406 :佐賀新聞:2006/10/23(月) 03:55:29 ID:/ubKAaPc0
かぎかっこの終わりに。をつけてはいけないのではなくて
ただ単に印刷業界内で勝手に決めているルールにすぎない。
古い作家をあげている人がいるが、それは印刷業界でこの認識が
まだなかったから好き勝手にやってたんだろ

407 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 04:05:09 ID:/KYIkSq20
>>405
それを言うなら洋画観賞も外人と駄弁るのも語学になるし、少なくとも学術的なものとはいえない

408 :ふれあい大地くん:2006/10/23(月) 04:09:53 ID:jqKGqnwi0
コストパフォーマンスは圧倒的にいいな。古本屋行けば古今の名作が100円で買えたりするし。

409 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 04:17:40 ID:zH0lWGLD0
>>407
学術的語学って、つまるところ言語学じゃん

アカデミーの外にいる一般人にとっての語学なんてのは、話し、聞き、読み、書く
こういった記号使用の実演に参加することと同義だと思うけどね

410 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 04:48:16 ID:/KYIkSq20
>>409
いや、それでいいけど
>>394>>400の流れがあるからね

411 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 04:56:29 ID:Zubsjhi20
池波正太郎の真田太平記読んでから読書するようになった

412 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 04:58:09 ID:wmOA9D3l0 ?BRZ(3162)
小説は娯楽としての面を急速に失いつつある
視覚から入る刺激としての優先順位はかなり下のほうだろう
この先は文化遺産として残るしかないだろうね。

413 :佐賀県政と佐賀県民:2006/10/23(月) 05:01:36 ID:u+BVxRSO0
カフカの城読んでると何がなんだか分からなくなる

414 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 05:12:07 ID:/KYIkSq20
カフカの変身読んで俺には無理だと思った
ガダラの豚は面白かった

415 :淫らな行為と佐賀県:2006/10/23(月) 05:48:15 ID:56BQ8r0W0
村上春樹のギャルゲー・エロゲー化マダー?少女漫画化でもいい気がする

416 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 06:56:59 ID:Pq+73cpW0
ゲーム大好き、小説は殆ど読まない、高卒ゲー専生徒(プログラム科)の自分が
自分で作ろうと思っているオリジナルゲームのシナリオの一部を文章として一通り読める内容に校正して
創作文芸板の「あなたの文章真面目に酷評します」スレに晒したら、
「結構面白い。読み易い」とほめられた(ネタじゃなくて)件について。

417 :おまえが言うな:2006/10/23(月) 07:06:25 ID:jibmXRieO
文章とマンガ・ゲームでは脳の働く部分がちがうそうだ
ラノベでも想像力が鍛えられるため文章読んだほうがいいのかモ

418 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 07:09:14 ID:UuJoiByt0
豊かな妄想力があれば極上の娯楽になる

419 :↓実は佐賀県民です:2006/10/23(月) 07:12:41 ID:AUEZ1enL0
文字だけだと絵よりも表現が限定されないし
複雑な状況や考えを伝えやすいからハマるとすごいハマる

けど結局娯楽だな。別に人生の役に立たない
はずれか見切るにも漫画より時間かかるし、無駄な気もする


420 :雪見だいふく 60-56-95-124.eonet.ne.jp:2006/10/23(月) 07:12:44 ID:SdnCbXZN0
佐賀県

421 :浪人形 ◆V0p4z9okaM :2006/10/23(月) 08:04:17 ID:yPpZNlfP0 ?2BP(103)
高尚なものを楽しんでいると自分を美化したいからだろ

422 :佐賀県知事:2006/10/23(月) 09:30:45 ID:9x036O380
>>315
ラノベ読んでるって自覚すら無いのか
馬鹿丸出しだね

423 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 09:56:31 ID:1UzRgCRN0 ?BRZ(1277)
正直、映画や漫画より本読んでるほうが楽しい。

>>320
漫画である必要性は感じられないのはそう感じるよね。




424 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 10:02:05 ID:wmOA9D3l0 ?BRZ(3162)
こいつ女の写真ばっかり載せてるな
ハメ撮りとかしてそうだw

425 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 10:06:21 ID:/+NBydDi0
読んでない奴が特別視してるんだろ
俺は活字好きだがアニメも見るし漫画も読むしエロゲもやる

426 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 10:11:07 ID:nWic6o5V0
×本を読まない
○本を読めない

本を読めない層は一定の理解力が備わってないから
映画を見ても間違った解釈をしてることがよくある

本を読んだって別に偉くもなんともない
ただ、読めない層は馬鹿

427 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 10:15:11 ID:9OY9xiKs0
劣等感を煽って思想を植え付けようとしているだけ。
小説なんて読まなくていい

428 :ふれあい大地くん:2006/10/23(月) 10:19:01 ID:gkjeMFxq0
小説なんて明治あたりではエロゲ並みの扱いだったしな
新聞もメイド喫茶のチラシ並みの扱いだった
「菊池寛なんか読んでるとバカになる!」とか…

429 :もう、あゆびわえん:2006/10/23(月) 10:33:43 ID:r2MRDwkq0
別に小説が他の娯楽よりも交渉だとかは思わないけど、
>>1で挙がってる「携帯・ゲーム・マンガ」よりも小説の方が滅びにくいだろうとは思う。

430 :よてなし:2006/10/23(月) 10:47:49 ID:zMndTDwN0
>>1のはのきなみ娯楽のない後進国だな

431 :ABC FLH1Ago149.aic.mesh.ad.jp:2006/10/23(月) 10:48:00 ID:uoCbfrgk0
佐賀県

432 :人KENまもる君:2006/10/23(月) 10:50:23 ID:w1iHULsA0
本を読んだからどうだってことはないが、読まない奴あげく自慢する奴は例外なくクズ。

433 :宴会くらいさせてやれよ:2006/10/23(月) 10:53:10 ID:OJFNqWTF0
文学きどってる奴とかうぜーんだよな。
偉そうによ。
小説は娯楽なんだから、文学を気どろうが、
売れない作品はダメ作品なんだよ。

434 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 10:56:11 ID:9FsLPv9x0
最近ので言えば小説より漫画のほうが面白い

435 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 10:57:06 ID:1mowa53c0
小説に読めないとか理解力とか関係ない。
小説なんて一部始終を説明して空気読ませてるだけなんだから。
空気読ませる文章を書くことは難しいが、読むことなんて簡単。

読むだけで文学とか勘違いしてる層がたまにいるが

436 :談判マン:2006/10/23(月) 10:59:11 ID:XHzlLM6+0
小説よむのは難しいことじゃないしあたりまえのように思ってるやつがいるがそれは違う
漫画とかと違って視覚情報が何もないから、漫画と比べてはるかに高度な抽象的事象(言語)を脳で処理してることに気づいていない
小説をまともに読めないやつなんていっぱいいる
おそらく日本人の半分以上はまともに読めないと思うな

437 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 10:59:12 ID:n00Vd/Ex0
各世代によって多感な時期に中心にる娯楽メディアが違っていたってだけだろう

438 :玄界灘:2006/10/23(月) 11:00:13 ID:aXNgN/AX0
昔は文盲とかいたからな。読めても漢字はムリとか。そういう時代に、本を読むは知的という価値が生まれた。この価値は、恐ろしい洗脳力で、読みもしない本をカッコつけで持って歩いたりする。

439 :佐賀の銀行:2006/10/23(月) 11:03:00 ID:907clulCO
漫画も小説と同じ道を辿りそうだな
文化だなんだと持ち上げてる時点でもう下り坂に入ってる

440 :佐賀県酒造組合:2006/10/23(月) 11:03:16 ID:NrkWjYIS0
すっかり忘れられた>>12アワレ

441 :FOXは佐賀県出身:2006/10/23(月) 11:07:35 ID:reQKyYeX0
ブレイブストーリーも最初はハードカバーの長編小説として出たけど、
漫画化・映画化・ゲーム化を経てラノベ扱いになったよな。

442 :AKINA KHP059134124025.ppp-bb.dion.ne.jp:2006/10/23(月) 11:07:39 ID:AnzDssND0
佐賀県

443 :佐賀県庁かも:2006/10/23(月) 11:11:20 ID:dtRaO/RK0
というか若年層が活字離れしてるというのはウソで、
本当はもっと年上の社会人連中が活字離れしてるんだ。
若年層の読書率は過去最高に近いくらいなんだよ。
なのに数字にすると活字離れしてるように見えるってことは、
社会人連中がいかに本読んでないかってことでもある。
もし今の時代のオトナが馬鹿見えるとしたら、それは思春期じみた錯覚なんかじゃなくて、
厳然とした事実なのさ。

444 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 11:12:42 ID:jObk+/L90
テレビ世代は未だにタッチタイピングできない人が多いのに

445 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 11:13:35 ID:/KYIkSq20
どうしてこんなスレがしょっちゅう立つかというと
小説読む人間のうちの一部が俗物根性丸出しで鼻に付くからだ
「ドストエフスキー読んでる自分はなんて知的なんだろう」
みたいなのがはいて捨てるほどいる

446 :雷沼教授 ◆4abSJp6TCM :2006/10/23(月) 11:16:51 ID:G0e7a/ocO
読者に求められるスキルは小説>>>漫画
作者に求められるスキルは漫画>>>小説

447 :唐津@佐賀:2006/10/23(月) 11:17:10 ID:6sZMoS7h0
キノの旅が好き。

448 :へそがえるビッキー:2006/10/23(月) 11:17:21 ID:w1iHULsA0
古典の一つも読まない人よりは知的じゃないか。
スノッブはどんな分野でもいるのさ。

449 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 11:18:57 ID:1mowa53c0
まともになんて言ったら漫画の方がよっぽど読むの難しいだろ。

450 :佐賀県醤油協業組合:2006/10/23(月) 11:20:36 ID:y3W1qgnu0
>>443
知り合いのヤンキーの部屋に薔薇の名前あったときはビックリした
ミステリに詳しかった
見た目じゃ、わからんモンだね

451 :玄界灘:2006/10/23(月) 11:22:58 ID:aXNgN/AX0
>>449
いしいひさいち
読みにくい字、落ちの無い又は分かりにくい落ち

452 :有明佐賀空港:2006/10/23(月) 11:23:23 ID:TOH15qU40
>>445
それはお前がそう思い込んでるだけ

453 :伊万里トンテントン:2006/10/23(月) 11:23:31 ID:t1uvnKZzO
>>450
ヤンキーって変わり者多いよな
知り合いのヤンキーはフォークソング大好きw

454 :水質汚濁と牛津江川:2006/10/23(月) 11:27:28 ID:2pJfKUy+0
学生時、年に100〜150冊以上は読んでた。
春から社会人になって10ヶ月弱、まだ4冊しか読んでない。
そのうち3冊は仕事絡みで読まなきゃなんなかった本。
これはキツい。

455 :水質汚濁と牛津江川:2006/10/23(月) 11:30:12 ID:2pJfKUy+0
7ヶ月弱だった。

456 :FOXは佐賀県出身:2006/10/23(月) 11:31:28 ID:reQKyYeX0
情報の摂取という観点に立つと文字だけの情報は圧倒的に効率悪いんだけどな。
娯楽っていう点を考えるとその効率の悪さがいいんだろうけど。

457 :佐賀県庁かも:2006/10/23(月) 11:31:34 ID:dtRaO/RK0
奴隷に学はいらないもんねw
日本人働き杉

458 :佐賀県醤油協業組合:2006/10/23(月) 11:33:57 ID:y3W1qgnu0
>>456
逆だと思ってた
同じ話でも漫画だとスゲー長くね?

459 :じご:2006/10/23(月) 11:35:30 ID:btdNQ0hb0
しょせん文字だろ誰が書いても同じようなもんだろエロゲのハンコ絵と同じ

460 :ふれあい大地くん:2006/10/23(月) 11:36:59 ID:ch6ZZar60
想像力の問題だな
視覚的に限定されたゲームやマンガに比べて、小説は文字だけだからな

461 :ひやか:2006/10/23(月) 11:37:24 ID:r2MRDwkq0
>>458
俺もそう思うなあ。
バガボンドも未だに吉岡だし。

462 :佐賀県立図書館:2006/10/23(月) 11:37:39 ID:t1uvnKZzO
>>459
リアル鬼ごっこを読んでみようか

463 :User p028a67.tokynt01.ap.so-net.ne.jp:2006/10/23(月) 11:37:49 ID:kod2qzax0
佐賀県

464 :水質汚濁と牛津江川:2006/10/23(月) 11:39:07 ID:2pJfKUy+0
ジャンプ系とかバガボンドみたいな引っ張りまくりの漫画は
確かに小説より進みが遅い。

465 :佐賀県庁かも:2006/10/23(月) 11:39:45 ID:dtRaO/RK0
それはストーリーという形で要約するからそう思えるだけで
たとえば漫画の背景の人物の仕草なんかをひとつひとつ小説風に描写していったら、長い、
というかありえない。ということを>>456は言いたいのだと思った。

466 :嘉瀬川(佐賀県最長57.5km):2006/10/23(月) 11:40:11 ID:C1UC1Xgl0
情報の摂取という観点に立つと文字だけの情報は圧倒的に効率がいい
素人が絵画や音楽から読み取れる情報量なんて、たかが知れているからだ。

一流の絵画や音楽を理解するには一流の素養がいる
ダヴィンチやモーツァルトに感動できる人間は一握りだ。

しかし一流の小説を理解するのに素養はいらない。
ドストエフスキーに感動できる人間はごまんといる。

467 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 11:41:38 ID:1mowa53c0
ぱっと見何かをわからせるのは絵や図の方が簡単だが
理解させるのは文字の方が簡単。

視覚芸術のわけわかめをみりゃ一目瞭然

468 :有明佐賀空港:2006/10/23(月) 11:42:10 ID:t1uvnKZzO
>>458
効率は漫画の方が良いんじゃない?
一冊の情報量は少なくても早く読めるから

469 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 11:43:47 ID:1mowa53c0
はいはいかぶりまくりかぶりまくり

470 :直会料理:2006/10/23(月) 11:44:08 ID:m436fmax0
>>449
読むの難しいと思うたとえば漫画ってどんなのがあるの?

翻訳の本なんか読解力以前の問題で
まともに読むの不可能なのも多いぞw


471 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 11:44:37 ID:VuS+3To50
まぁいろんなインターフェース使いこなせた方が
モノの考え方の幅は広がるわな

472 :私は佐賀県民:2006/10/23(月) 11:45:00 ID:o+wGyMJF0
>108は義務教育も満了していない人間のクズ

473 :FOXは佐賀県出身:2006/10/23(月) 11:45:31 ID:reQKyYeX0
>>456だけど
>>467
>ぱっと見何かをわからせるのは絵や図の方が簡単だが
の事しか考えてなかった。芸術とか音楽は確かに難しいな。
正直、自分の考えの浅さに愕然としてる。N速民として恥ずかしい。

474 :ぱんぱんマン:2006/10/23(月) 11:48:13 ID:XHzlLM6+0
そういうのと同じに考えるなよ

475 :玄界灘:2006/10/23(月) 11:51:00 ID:aXNgN/AX0
>一流の絵画や音楽を理解するには一流の素養がいる
>ダヴィンチやモーツァルトに感動できる人間は一握りだ。

笑うところですか?



476 :プルサーマルと佐賀県:2006/10/23(月) 11:51:14 ID:Gcn3SY180
読解力うんぬんとかウザイことばっか言ってるのがいるから
解釈は自由なのに「国語」という授業で「答え」ある程度の幅の中で解釈することを
押し付けられる付けているから

つまらないったらつまらな

477 :佐賀県信用保証協会:2006/10/23(月) 11:51:53 ID:0bwzPD56O
本は頭のいい人にしか書けない
漫画はアホでも描ける

478 :いらんさん:2006/10/23(月) 11:53:08 ID:ZJdZDm4i0
明治くらいは小説読む奴はバカ
30年くらい前は「殺人の原因はミステリー小説」 なんて叩きがあった

たぶん10年後はオラインゲームで仮想空間と現実の区別うんぬんになる。


479 :プルサーマルと佐賀県:2006/10/23(月) 11:53:16 ID:Gcn3SY180
>>477
無理

480 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 11:53:33 ID:VuS+3To50
今は映像やらに偏重しすぎてるんだろ
自由好き強制嫌いつってて、ちょっと努力が必要だったり堅苦しい選択肢は真っ先に拒絶してるDQNが
最大多数の最大利益な社会なんだよ

481 :佐賀の郵便局:2006/10/23(月) 11:55:08 ID:jrNaZ1TL0
今は殺人の原因はゲーム・マンガですよ

>477
ちょい前に中2病小説スレがあったんだが
見てないのか?
意外にクオリティ高かったぞ

482 :ぱんぱんマン:2006/10/23(月) 11:55:54 ID:XHzlLM6+0
言語能力を身につけさせるという点においては、小説含め言葉だけの本をもっと正確に読む力をつけさせる必要がある
特に最近の若者は・・とか言いたくないが、そういうのか改善したいなら国語の授業を改善して時間もふやすべし

483 :佐賀県立図書館:2006/10/23(月) 11:57:03 ID:UMfqetv7O
もし百年前にアニメやゲームがあれば、今と同じくらいの認知は受けていたと思われ

484 :佐賀県体育協会:2006/10/23(月) 11:57:32 ID:0bwzPD56O
純文学の日本語の美しさは異常

485 :AKINA KHP059134124025.ppp-bb.dion.ne.jp:2006/10/23(月) 11:57:40 ID:AnzDssND0
佐賀県

486 :佐賀県庁らしい:2006/10/23(月) 12:00:05 ID:dtRaO/RK0
小説が偉そうだっていうのは、
昔は小説は、読者の個人的な生と公的な世界をつなげる役割をはたし、
公的な世界の歴史的進捗を象徴するものとして、権威をいただいていたからなんだよ。
で、日本はそんな歴史や権威とは無関係だったのに、文学ごっこしてたよ!
って虚構性がなんかいろいろ言われてる。

487 :吉野ヶ里歴史公園:2006/10/23(月) 12:00:34 ID:t1uvnKZzO
最近はアニメを高尚ぶってる奴の方がうざい

488 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 12:01:06 ID:nWic6o5V0
>476
例えばアメリカンビューティーっていう映画があるじゃん
http://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=6884

この映画はアメリカ社会の皮肉がテーマなんだけど
あっちではアカデミー賞5部門受賞してるのね

それを踏まえて感想欄を読んでみると全然理解できてない人がいる
面白さはその人の理解力によって場所が異なる
面白さを感じるには知識がいる

489 :佐賀県のセクハラ:2006/10/23(月) 12:01:50 ID:w1iHULsA0
>>487
あとアニソンな。
サブカルという免罪符のもとで評価してもらおうというのが鼻につく。

490 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/23(月) 12:07:53 ID:/KYIkSq20
ダヴィンチは感動するもんじゃないしモーツァルトは教養なんか無くても感動できる

491 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 12:08:02 ID:1mowa53c0
なるほど、タイタニックはアカデミー賞11部門獲得してるけど
つまらないって言う奴は知識不足の馬鹿ばっかなんだな

492 :佐賀県庁らしい:2006/10/23(月) 12:09:24 ID:dtRaO/RK0
今の日本人が翻訳語とか外国語の慣用句の翻訳された語法とかを自然な日本語として用いてるマジック

493 :佐賀県議会と佐賀県民:2006/10/23(月) 12:09:39 ID:y3W1qgnu0
小説が高尚?とかいうのがよくわからい時がある
個人的に小説読むのって
他のメディアだと規制されるようなエグイのが読めるからってのが大きい
コレは乱歩読んで悶々としてたころからあまり変わらないや

494 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 12:12:28 ID:nWic6o5V0
>491
なるほど、やっぱり君は読解力が不足してるね
かなり深刻だ

495 :すたぼー:2006/10/23(月) 12:15:18 ID:r2MRDwkq0
理屈だけで考えれば、より情報量の多い映画や漫画の方が理解しづらいはずなんだけど、
小説よりもそっちの方が好まれるということは、理解力じゃなくて想像力が弱くなってきてるんじゃないか?

496 :佐賀県庁らしい:2006/10/23(月) 12:15:36 ID:dtRaO/RK0
分析、研究された言葉は、もうまったく何も意味しなくなる。何ものでもなくなる。
解剖されたあとの人体が、死体以下のものとなるように。(シオラン)

497 :短パンマン:2006/10/23(月) 12:16:47 ID:OluENQMs0

● ● ● ● ● ●
● ● ● ●
● ● ●●●●●●
● ● ● ● ●
● ● ● ● ●●●
● ● ● ● ● ● ● ●● ● ●
● ● ● ● ●●●●●● ● ● ● ● ● ●●●
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●● ● ●
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●●●
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
●● ●● ● ● ● ● ●● ●●

498 :佐賀県の愛人:2006/10/23(月) 12:17:15 ID:8Lo7iAc90
何が面白いって文学批評が面白い。蓮見柄谷とか。渡部菅でもいいけどさ。


499 :みんご:2006/10/23(月) 12:33:19 ID:Nt5n++Hv0
事ある毎に
「あんたそんなのも分かんないの?www
 小説とか読まないからだよwwwwww(プギャプギャー」

って日常的に母親に罵られてるから
金輪際小説とかは読みたくない

500 :あいどん:2006/10/23(月) 12:35:34 ID:wxPC1G240
若者は読んでるらしいよ?ガイアの夜明けでやってたよ?
16〜25歳のY世代がミリオンセラーの原動力。
「セカチュー」や「今会い」なんかが代表的な作品だとさ。
内容は兎も角、確かに売れたよね。DeepLoveも凄いらしいじゃん。

>>1の記者は、一体何を見て判断したんだ?
電車内の風景だけで判断したの?

501 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 12:58:26 ID:ZxZrLR/H0
ID:1mowa53c0

502 :賄賂と佐賀県:2006/10/23(月) 13:19:57 ID:7AXh+wwM0
いい加減小説と他ジャンルをくらべるなっつうの。

503 :佐賀城本丸歴史館:2006/10/23(月) 13:33:00 ID:Giaenf7J0
>>488
その映画で言えばアメリカ社会の皮肉というのが別に分からなくても
分からないなりの楽しみ方があるわけで、それが分かっていないから
面白さが分かってないっていうのは>>476が指摘するとおりの解釈の押しつけだろ。

504 :佐賀県の出納長:2006/10/23(月) 13:38:41 ID:QD4rln6T0
>>490
聞くだけならね。アヴァン物になればそうはいかない
小説だってそうだ。世の中には進化を試みる実験小説という存在がある

505 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 13:43:27 ID:nWic6o5V0
>503
分からないなりの楽しみ


それは解釈の違いではなく、理解力の違い

506 :佐賀県観光連盟:2006/10/23(月) 14:11:10 ID:Giaenf7J0
>>505
その理解力ってのは監督が映画で表現したいことが分かることってところなんだろうけど、
それが分からなくてもそれとは別の表現らしきものを感じ取ってるってことは解釈の違いだろ。

507 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 14:26:11 ID:nWic6o5V0
>506
監督の表現のことを言ってるわけではない

適当にぐぐった
http://www.kitanet.ne.jp/~hazard/flap/dokugo/D00149.htm

笑いでいうと
・落語や漫才を見ても全然笑えない
・うんこーまんこー、で爆笑する

本を読めない(×読まない)人の意見はこんなふうに聞こえる
内容に触れず表面しかみれないのは理解力がないせい
解釈とは違う

508 :佐賀県だってよ:2006/10/23(月) 14:30:46 ID:dtRaO/RK0
ずいぶん全時代的な奴がいるね

509 :佐賀県だってよ:2006/10/23(月) 14:32:58 ID:dtRaO/RK0
前時代か

510 :しんのす:2006/10/23(月) 14:34:16 ID:Nt5n++Hv0
漫画読めない奴って>>507みたいの多いよな

511 :佐賀県立図書館:2006/10/23(月) 14:37:43 ID:aXNgN/AX0
高校とかで、夏休みとかに、マンガを読んで感想文とかやると、面白いな。とっつきにくい漫画、レディースとか

512 ::2006/10/23(月) 14:37:52 ID:NO62hCtoO
メインカルチャーになった小説とサブカルチャーの違いだろ。
単にクラシックとロックの違いだ。

513 :失踪と佐賀県:2006/10/23(月) 14:39:20 ID:Y+8ffogQ0 ?2BP(200)
情報伝達の媒体として、具象か、抽象か、ってことだろ
いいトコどりでいいんじゃね?

514 :署名・佐賀県・市民:2006/10/23(月) 14:41:25 ID:Po/yMIRs0
三島由紀夫の本は難しすぎ
金閣寺借りてきたけど難解な語彙使いすぎて全然分からん

515 :佐賀県唐津警察署の敷地:2006/10/23(月) 14:43:35 ID:IGHRhqlv0
」の前の。を省くのは文字量を減らすって
意味合いでしかないよ。

516 :失踪と佐賀県:2006/10/23(月) 14:44:02 ID:Y+8ffogQ0 ?2BP(200)
このネタでイデア、エイドス、ヒュレーとか考えると面白いな

517 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 14:47:11 ID:SV4CnaSE0
漫画よりは頭使わざるをえないからな。
想像しないでただ文字の羅列だけ見ても面白くないし。
それを娯楽として短所とみるか長所としてみるかは人による。

漫画家も面白い人は絵も上手いが言葉の扱いも上手いし
これからは小説との垣根も低くなっていくんじゃね。たぶん。

518 ::2006/10/23(月) 14:51:52 ID:NO62hCtoO
>>514
あと何年かたてば見方が変わると思うよ。
難解なんじゃなくて情景描写が凄まじいだけ。
あれは完成された日本語の極北。

519 :佐賀県だってよ:2006/10/23(月) 14:52:34 ID:dtRaO/RK0
私は宗教が好きです。どの宗教が好きとか、どの宗教の教えが気に入ってるとかではないのですが、
それはともかく、宗教を作った人間の気持ちが好きです。宗教を作る人間の感情こそ、
人にとってもっとも自然で、詩的な感情に思えます。だから私は芸術を愛するのです。

だっけな。超うろ覚えだけど、たしかこんなようなことを十九世紀にフローベールが書いている。
現代はこういう感情が素直に生きのびられない時代になってしまった。そのことへの鬱屈が、
逆にある種の批評を駆動してるんじゃないの。

520 :失踪と佐賀県:2006/10/23(月) 14:52:55 ID:Y+8ffogQ0 ?2BP(200)
そういや原始?平安時代の仏教とかにある「観」って思想もあるな
考えることは観ることだ
ってな理解してるが。平易すぎるか?エロイ人に突っ込まれそうだが。
当時の絵師って同時に僧でもあったらしい

小林秀雄の講演録にそういう話があったな

521 :津の里温泉:2006/10/23(月) 14:58:20 ID:GQ1tPMww0
結局は>>21なんじゃないかね
まぁ衒学的なやつもどうかと思うけど

522 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/23(月) 15:14:48 ID:kQ6NAAF/0
娯楽という面で考えれば小説も漫画も大差ないけど、脳神経を活発に使うのはやっぱり小説だろう。
活字だけで構成されてる世界の方が無限の広がりを持ってる分、アホには楽しめないとおもうよ。

523 :唐津くんち:2006/10/23(月) 15:18:31 ID:iTzpFqwi0
スラムダンクは最後にはセリフや効果音すらなくなったし、
赤兵衛ではもはやヒトコマ一色だけの抽象マンガまで存在する。
一部例外と切り離すのは素人に任せて、普遍的に総括してもらいたいね。
マンガを卑下する人には。

524 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/23(月) 15:23:13 ID:kQ6NAAF/0
頭悪いと楽しめない順番:小説→漫画→TV、映画



525 :佐賀県と麻薬:2006/10/23(月) 15:23:38 ID:Y+8ffogQ0 ?2BP(200)
>>523
そういう人の場合、大抵は表現方法としてではなく、そのテーマを馬鹿にしてるんじゃないの?
あと「卑下」。

526 :佐賀県と麻薬:2006/10/23(月) 15:25:36 ID:Y+8ffogQ0 ?2BP(200)
うぉ、卑下って
(名・形動)スル [文]ナリ
いやしめ見下す・こと(さま)。

の意味もあんのか。釣られた。

527 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 15:33:29 ID:2reAJGyd0
アニメだとかオタク向け漫画のファンを見れば解るんじゃないか?


528 :佐賀県庁の秘密:2006/10/23(月) 15:36:05 ID:reQKyYeX0
>>524
映画もハリウッド以外は頭悪い人にはわからないように作ってるんじゃね?

529 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/23(月) 15:38:29 ID:kQ6NAAF/0
小説も萌えアニメも両方好きだよ。要するに楽しめる分野が広い方が
得してるってことだね。漫画ってある意味中途半端な存在なんだと思うけどな。
それを逆手にとってうまく使えるかどうかは表現者の能力次第だろうな。

530 :佐賀大学医学部:2006/10/23(月) 15:39:09 ID:8OWD2wwa0
この前の村上春樹スレと同じにおいがする

531 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/23(月) 15:41:16 ID:kQ6NAAF/0
>>528
まぁ、違う内容の作品を違う表現方法で比較してもどうしようもないよね。
俺が言いたかったのは同じ作品を表現手段を変えて作ったときの話ね。


532 :唐津くんち:2006/10/23(月) 15:45:15 ID:iTzpFqwi0
もはや小説・マンガ等の分類ではなく、萌え・エロ・グロ等のジャンル分け
こそが一般に求められているのではないだろうか。
って普通にレンタルビデオとか同人通販ではやってるな。できない、しない小説業界
に呆れているのがこのスレ内の現状かも。

533 :ぱんぱんマン:2006/10/23(月) 15:47:13 ID:8H2cqGVqO
今まで漫画ばっか読んできたけど最近では小説のほうが面白いな。

534 :唐津くんち:2006/10/23(月) 15:47:16 ID:iTzpFqwi0
小売店での分類ではなく、出版・作者が自らジャンル分けるべきということね
>>532

535 :佐賀県庁の秘密:2006/10/23(月) 15:49:10 ID:reQKyYeX0
>>532
ジャンル分けは消費者にとってはメリットがあるな。
ただ、作家が新ジャンルを開拓するのが辛くなるというデメリットがありそうな気がする。

536 :佐賀県と麻薬:2006/10/23(月) 15:49:22 ID:Y+8ffogQ0
そういや誰かクンデラのカーテン買った奴いる?

537 :佐賀県政:2006/10/23(月) 15:49:42 ID:rmhdhtEZ0
最近ドラマ化されるのは漫画ばっかりだから
小説より面白いんだろう

538 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/23(月) 15:51:23 ID:kQ6NAAF/0
大体作家毎に分かれてて固定客がついてるのが小説じゃないの?
そういうのを嗅ぎ分けて新しいお気に入りを探したりするのは小説の楽しみの一つだと思うけどね。
不親切なのが楽しいって部分が少なからずあるよね。

539 :佐賀県立図書館:2006/10/23(月) 15:57:36 ID:m1m2e6BA0
こころの病んだヒトがいっぱい居る・・・・・



540 :玄界灘:2006/10/23(月) 16:01:14 ID:+vAnhwWDO
意固地なジャンル意識が、その分野を衰退させていくのだと思う

541 :ABC FLH1Adq056.aic.mesh.ad.jp:2006/10/23(月) 16:01:20 ID:bitUu2bf0
佐賀県

542 :うれしのあったかまつり:2006/10/23(月) 16:03:28 ID:iTzpFqwi0
ジャンル分けというより検索キーワード?のようなものを公式に付けるとかもありだ。
数個の単語でおおよその中身を予想させる、食わず嫌い大発生の可能性も大。
セックスシーンありなしだけでもいれてくれたら・・・文芸の半分が18禁だな。

543 :かくさん:2006/10/23(月) 16:04:43 ID:95YdR/Gs0
いまタバサの冒険読んでるぜ

544 :千石山のサザンカ:2006/10/23(月) 16:07:03 ID:Giaenf7J0
>>507
そもそも理解と解釈をどう使い分けているのかわかりにくいんだけど。
つまり、映画の中の事象自体でなくて事象で表現される論理を見出せないってことが理解力がないってことか。
確かに基本的に映画は全体を通して一つの表現であるわけだし、
その点について面白さを語れないのは映画を分かってないってことになるな。

545 :にわれもん:2006/10/23(月) 16:07:55 ID:0a6sXJE70
想像力の欠如した人間は小説を読めないというか読もうともしない
今現在漫画ばっかりドラマ化されるのはそれだけ
想像力が欠如した人間が増えてるってことなんでね?

546 :短パンマン:2006/10/23(月) 16:12:31 ID:aNgPxPiN0
どれも娯楽という点では同じだ。
しかし、文字だけから情景を想像する活字と、絵と字を併せないといけない漫画では、
脳の働きとしては小説の方が高尚な娯楽。

547 :雪見だいふく 60-56-95-124.eonet.ne.jp:2006/10/23(月) 16:12:45 ID:SdnCbXZN0
佐賀県

548 :宴会くらいさせてやれよ:2006/10/23(月) 16:30:34 ID:+WzGpbMQ0
ドストエフスキーは2つしか読んでないけど、

自分を知的だと思い込みたいからとかそんな理由でなく、
単に面白いから読んだだけだよ。
つまんなきゃ途中でほっぽり出すもん。

それは漫画、映画、ゲーム、なんでも一緒。
各媒体が自分に合うか合わないかだけの話だ。

漫画と小説を比べると小説のほうが漫画より現実社会寄り
ってとこか。

549 :伊万里信用金庫:2006/10/23(月) 16:33:15 ID:fB86PjL60
>>546
ラノベって高尚な娯楽だったのか・・・

550 :宴会くらいさせてやれよ:2006/10/23(月) 16:37:05 ID:+WzGpbMQ0
面白いゲーム、漫画と面白い小説があるとする。
俺はゲーム、漫画で時間をつぶすことを選ぶね。
小説も好きだが入り込むまでちょっとかったるい。


551 :しっちょんちょん:2006/10/23(月) 16:40:58 ID:q6R9qmIA0
かつてはつまらない本を読む暇があったら五経でも読めといわれた。
そして、小説なんて読む暇があったらちゃんとした本を読めと言われた。(娯楽小説は本に含まれない)
で、マンガなんか読んでないで読書でもしろと言われてる。
ちなみに今の若いやつはマンガを読むのも面倒なんだと。

そのうち、三国無双なんかやってないで、横山光輝を読めって言われるかもな。

552 :千石山のサザンカ:2006/10/23(月) 16:41:19 ID:Giaenf7J0
>>544
ミスった。
×一つの表現
○一つの論理の表現

553 :宴会くらいさせてやれよ:2006/10/23(月) 16:44:55 ID:+WzGpbMQ0
想像力が欠如って昔からたまに見るけど、
あまり関係ないんじゃないか。

たとえば文章からキャラクターの想像するっても
かなり浅いレベルだろ。本当に上のようなことを言う人は足りない情報を
自分の想像力ってので補ってるのかい?どれくらい明確にイメージできてるんだろう。
物語の本筋とあまり関係ないしね。
その部分を画で補ってくれるほうがより的確に作者のイメージが伝わる。
とは言え、それぞれ得意分野みたいなのはあるんだろうけど。


554 :警察と佐賀県:2006/10/23(月) 16:54:40 ID:rwGL4Soh0
時間がたてば漫画も小説みたいに、特別視されると思うよ
きっと文学(笑)というジャンルに組み込まれてね。勿論それがいいことかどうかは知らないけど
ゲームは映画はまだまだ先じゃないかな
まぁでも映画はもう特別視されてるような気もしないでもないけど

ただ個人的には、権威まみれになったお行儀の良い漫画とか、
どこかで見たようなシステムをキャラと台詞回しを変えただけで個性だとか言うようなゲームが増えたら
ちょっと寂しいかなと思う

あとはゲーム・漫画評論家が、ある特定のゲーム・漫画の宣伝に出るようになるとかw


余談だけど、実はゲームって歴史は古いんだよね。例えば双六とか平安の頃からあったし
しかもその勝ち負けを巡って殺生沙汰とかあったとかなんとか…
昔の人も必死だったんだろうね。てめえおじゃるぞコラ とか

555 :みんご:2006/10/23(月) 17:02:40 ID:q6R9qmIA0
母国語の語彙は多い方がいいのは確かだよね。

語彙が少ないと目の前の出来事や状態を、うざい、きもい、うける、みたいに
大雑把にしか認識できなくなる。
人間の性能をPCに例えるとして地頭の良さがCPUの性能だとするなら、
母国語をどの程度扱えるかはOSの性能になるんじゃないかな?
少なくともそれぐらい重要だと思う。

想像力うんぬんっていうのは、そういう認識力、分析力、思考力のベースとして
母国語(じゃなくても別にいいんだけど、なにかひとつの言語)の能力が必須であり、
それには日常的に文章を読む必要がある、って意味で言ってると思う。

556 :佐賀生まれ:2006/10/23(月) 17:13:57 ID:zahy3tiQ0
漫画は前衛思考・遊び心のある人材が皆無に等しいからな
ガロなき今、その手で売ろうとしてるビームでさえあれだ
最後に見かけたのは藤原カムイのカラーメイルだ

557 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 17:25:30 ID:I4PtNCWu0
>>549
極端な例出すなよ

あんなの児童文学以下だろ




558 :豊川信金と佐賀銀行:2006/10/23(月) 17:32:04 ID:aBR2CkoI0
読むのに必要なのは想像力よりも、言語に対する理解力じゃね?

559 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 17:32:50 ID:xQLBJiiS0
小説って読み終わるのに時間かかるし疲れるんだよな
しかも最初の方はツマランのが多い

560 :佐賀県の歴史と問題:2006/10/23(月) 17:35:13 ID:reQKyYeX0
ラノベが高尚かどうかはともかく、純文学含む小説と同形態をとっている表現方法なのは間違いないだろ。
挿絵挿絵っていうけど、多くてせいぜい10P分ぐらいだろ。
その程度じゃ想像力の邪魔にもならないと思うが。まぁキャラの外見が固定はされるが。

561 :佐賀県大好き:2006/10/23(月) 17:36:12 ID:k6VgJyJe0
要は文化の持っている歴史の長さなんだよな。

562 :あいたー:2006/10/23(月) 17:36:18 ID:q2UbRONK0
マンガゲームはまだ歴史が新しいからだろう

563 :カチガラス:2006/10/23(月) 17:45:03 ID:zElEloXZ0
1行レスがほとんどの実況系スレではなく普通のスレ1000レス分って
小説にしたら何ページ分くらいなんだろ

564 :水質汚濁と牛津江川:2006/10/23(月) 18:25:56 ID:cKRyox1h0
本のほうが作品の世界にどっぷり浸れそうな気がするけど。

565 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 18:34:43 ID:QsG492pg0
>>559
中々読もう、という気にならないんだよな
一度読み始めるとサクサクが

566 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 18:42:51 ID:Duq1xdlj0
マンガやゲームは絵やプログラミングのスキルが必要だから
作品を作るための敷居が高い
スキルはあるが中身は空っぽな連中が結構いる

小説の場合は意味が通じる文章を書ければ基本的におkで
敷居が低いから、様々な経験や才能を持った人が参入できる

無論、だからと言って小説がマンガやゲームより上等なわけではない
文学板や創作文芸板でお文学に励んでるカスどもを見ればわかるw

567 :佐賀県大好き:2006/10/23(月) 18:46:32 ID:m0tM51dy0
文学をやりたい!って思う人ほどなんか魅力を感じないものを作るんだよなァ
やはりココはラノベに走るべき
ラノベならなんでもあり

568 :あいどん:2006/10/23(月) 19:01:33 ID:kxlcv3tn0
正直今の日本文学て終わってるよな。誰か期待の新人とかいる?

569 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 19:18:56 ID:GzKZhX/v0
品川っていう人なかなか期待できるとおもうよ

570 :ぱんぱんマン:2006/10/23(月) 19:35:32 ID:aNgPxPiN0
>>549
ラノベって挿絵に文字が付属してるやつ?

571 :裏金と佐賀県:2006/10/23(月) 19:57:36 ID:7AXh+wwM0
>>567
撲殺天使つまらなかったぞ。マジで。

572 :ぬたぼー:2006/10/23(月) 20:05:10 ID:Y4P/ilfCO
若杉公徳の本は至高

573 :ざる豆腐:2006/10/23(月) 20:09:02 ID:t1uvnKZzO
ラノベの存在意義がわかんね
中途半端じゃん
ラノベなら漫画か小説どっちか読むわ

574 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 20:09:39 ID:IsJAt3xS0
別に特別視されてないよ

575 :しーか:2006/10/23(月) 20:12:44 ID:b3TdModC0
一日12時間くらい2ちゃん見てます

576 :まほろたん:2006/10/23(月) 20:16:13 ID:NbV+sLUO0
ラノベ叩いてる奴はたいがいラノベ読んだことないな
なんとなくイメージで叩いてるだけで

577 :唐津くんち:2006/10/23(月) 20:16:15 ID:s6kIrVi+0
>>576
馬鹿なの?
ラノベ糞つまんないじゃん、あの下手な文章に金出せるかよ、

漫画家になれないネタだけの3流と2流の絵描きのコラボだろ

578 :まほろたん:2006/10/23(月) 20:18:23 ID:NbV+sLUO0
>>577
んじゃ何読んだ?

579 :佐賀県住宅供給公社:2006/10/23(月) 20:20:03 ID:SHhyuof60 ?2BP(381)
Blood linkシリーズ

580 :そんな佐賀:2006/10/23(月) 20:22:19 ID:2LYkta6l0
いつ終わるかわかるからだよ

581 :佐賀県の歴史と問題:2006/10/23(月) 20:28:03 ID:YMSjvlKJ0
>>577
お前の言う一流の絵描きってなんだよw?

582 :だちあかん:2006/10/23(月) 20:30:04 ID:onjcaZtz0
ラノベってアニメのやっすい代用品だろ

583 :まったく佐賀県:2006/10/23(月) 20:34:11 ID:NQolmwXj0
まあそんなもんだ
キャッチコピー見るだけで頭が痛くなるものばかりだ
基本美少女でヲタク向けだからな

584 :佐賀県の公務員:2006/10/23(月) 20:38:47 ID:7AXh+wwM0
ラノベオタはいちいちうざいからでてくんなカスが

585 :佐賀県の歴史と問題:2006/10/23(月) 20:41:02 ID:YMSjvlKJ0
>>584

>>301
>>571

586 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/23(月) 20:41:37 ID:Gcn3SY180
気楽に楽しめる土壌がないからってことに尽きると思うよ。とにかく

587 :佐賀県政:2006/10/23(月) 20:42:31 ID:zahy3tiQ0
ライトノベルはファンタジーフリークの居場所だったんだよ
ファンタジー物の漫画って数少ないだろ?書き込みが必要だからな
そうした需要に合わせてライトノベルの存在価値はあった
今は漫画でも簡単に表現できるであろう作品も多いから、まぁ存在価値も微妙だわな

588 :まほろたん:2006/10/23(月) 20:43:13 ID:NbV+sLUO0
実際問題として国産のSFとかファンタジーを読みたければ
ほぼラノベしか選択肢がないのが現実だし
最近じゃハヤカワですらラノベ化してるからな

俺は作家で選択するから、挿絵を描いてる奴のことは
ほとんど気にしないが、実際には挿絵で売り上げが変わるらしいし

さすがにハルヒとかシャナとかは読もうと思わんけどw

589 :佐賀牛と佐賀県:2006/10/23(月) 20:45:31 ID:U7vXCd6k0
想像力が鍛えられるから前頭葉が発達するんだっけかな

590 :まったく佐賀県:2006/10/23(月) 20:45:53 ID:NQolmwXj0
まあラノベは作品の内容で勝負しなくて良いってのが利点でもある
てきとーに萌え要素入れておけば後は何でもやって良いって事だし
一昔前のエロ漫画みたいなもんだ

591 :佐賀県の公務員:2006/10/23(月) 20:46:31 ID:7AXh+wwM0
>>585
うざくなってきたんだよ。いつも小説の話になるとラノベオタがわいてきて文句を垂れる。話するのは構わんが被害者ぶっててうざい。

592 :佐賀県の出納長:2006/10/23(月) 20:51:29 ID:EWy+X8yW0
ただ絵があるだけで文学じゃないと?

593 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 20:52:07 ID:lTFsk2eh0 ?BRZ(1015)
>>164
あーあ 顔文字使っちゃったね
貴様の負けじゃあ

594 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 20:57:10 ID:yZNpWy1E0
今酒飲んでグダグダなんだけど、わかったよ。

小説でも何でも、活字を読む習慣がつけば
小説以外の実用書とか、学術書とかにも手が伸びやすくなるし
日本語力が強化されるから、漫画とかと区別されてんだろ

595 :たいかぶっ:2006/10/23(月) 20:57:15 ID:Nt5n++Hv0
小説の方が想像力働かせるから高尚な娯楽って言う奴はさ、
普通にテレビでやってるドラマよりも
そのドラマを敢えてラジオで聞く方が高尚だって言うのかな?

596 :佐賀県の公務員:2006/10/23(月) 20:58:25 ID:7AXh+wwM0
>>595
それは極論じゃないか?

597 :佐賀県に決まってるだろ:2006/10/23(月) 21:00:07 ID:fvgtPnhq0
中華人民共和国在住で部屋にはテレビとおんぼろパソコンしかない俺は
日本から持ってきた本をループで読み続けるくらいしか娯楽が無いぜ
はやくかえりたい

598 :もう、あゆびわえん:2006/10/23(月) 21:00:29 ID:Q8DTlIGl0
絵本→子供
漫画→絵がある→子供っぽい
小説→絵がない→大人っぽい

599 :佐賀県の警察署長:2006/10/23(月) 21:01:41 ID:EWy+X8yW0
>>597
瞬電酷くてPCしてると目が痛くなるってホント?

600 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 21:01:49 ID:zH0lWGLD0
現実が、テクノロジーが生み出す幻影が
人間の想像力を遥かに超えてしまった時代に生きているのにね

おかしいよね

601 :伊万里トンテントン:2006/10/23(月) 21:04:26 ID:IQJXMld/0
漫画と小説のおもしろさの違いってたいして変わらないと思う。

小説:文章表現の技術+話の内容
漫画:描写技術(絵の上手さじゃなくてコマ数や紙の使い方)+話の内容

完成された小説を漫画で書いても面白くない。
漫画を小説にした人はいるのかな。

読んだあと、ずっと頭に残るのは小説だね。自分の場合。

602 :佐賀県知事:2006/10/23(月) 21:05:39 ID:7AXh+wwM0
アニメをノベライズ化したものなら結構あるはず。種とかもされてたな。

603 :覚醒剤のない佐賀県:2006/10/23(月) 21:06:18 ID:y3W1qgnu0
ターンAの小説は良かった

604 :おろほんぽーか:2006/10/23(月) 21:08:47 ID:Nt5n++Hv0
>>596
絵があるか無いかで高尚かそうでないかを論じるなら
別に極論じゃないだろう

605 :ひけしか:2006/10/23(月) 21:11:16 ID:U1xMTKWq0
>>588は底抜けの厨だな

606 :唐津市職員:2006/10/23(月) 21:18:45 ID:5FbcQE/e0
絵があるかどうかじゃない。
歴史的伝統の問題。

607 :佐賀県知事:2006/10/23(月) 21:18:50 ID:NobiL0B40
>>605
ホームズを冒険小説に分類してる時点で、
ID:NbV+sLUO0は何も知らないただのバカ。

いわゆる本格もの以外は推理小説に入らないと
勘違いして能書き垂れる昆虫なんて、放置でいいでしょ。

608 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 21:21:47 ID:z3usYWvI0
>>607
こういうのが活字を高尚なモンにしたがる

609 :伊万里トンテントン:2006/10/23(月) 21:32:41 ID:IQJXMld/0
漫画も小説も架空の話だが、小説の方がリアルに感じる。

笑うセールスマンは出てきそうにないが、羊男は出てきそうな感じがする

610 :佐賀県知事:2006/10/23(月) 21:32:44 ID:NobiL0B40
>>608
お前、何かコンプレックス抱えてるのか?w

611 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 21:33:54 ID:GzKZhX/v0
>>595
高尚の意味がわからんな。
俺はどっちが高尚だとかそんなことはどうでもいい。
ただ、漫画よりは小説のほうが基本的な部分での想像力が必要だとは思う。


612 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 21:34:14 ID:Q6Ucv0HB0
小説を分類しただけで「高尚」と感じる>>608って・・・・

613 :佐賀県の警察署長:2006/10/23(月) 21:34:23 ID:EWy+X8yW0
ν即名物だな
現実的に考えてこんな煽りあいとか無理だろ

614 :残飯マン:2006/10/23(月) 22:20:38 ID:Gszd51sc0
小説(ラノベ抜き)は高尚ってことにしないと、
ステータスとしての趣味として確立しないからね。

趣味はなんですか?

小説です。→^^
漫画です。ゲームです。→^^;

これが現代のお約束。
でも実際に面白いと評価されるのは後者で、小説は今後も廃れていくだろうけれどね。

615 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 22:23:41 ID:Dgv7xcTK0
全ての小説に挿絵を描いてほしいんだけど
風景描写とか長々と描くより絵を描いた方が分かりやすいし
作者の意図する風景そのものだしいいじゃん

616 :温泉湯豆腐:2006/10/23(月) 22:28:08 ID:Giaenf7J0
小説は映画、漫画と違って書いてないことを補って読む、いわゆる
行間を読むって作業が必要だから、書いてあることを理解するには膨大な知識が必要。
映画、漫画よりも高尚っていう理由はここにあると思う。

617 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 22:30:08 ID:Dgv7xcTK0
あと分からない漢字とか言葉があったら
いちいち国語辞典で調べないといけないんで面倒くさいね

618 :嘉瀬川(佐賀県最長57.5km):2006/10/23(月) 22:34:16 ID:cKRyox1h0
ドン・キホーテのギュスターヴ・ドレの挿絵はイメージ広がって凄く好き。
最近出た新潮社のだと挿絵が違って雰囲気でなかった。


619 :佐賀があぶない:2006/10/23(月) 22:37:03 ID:1ms7gHEy0 ?BRZ(6000)
>>1
ラノベがきもいから。

おしまい。

620 :佐賀県警とセクハラ:2006/10/23(月) 22:40:07 ID:Mmj9B2qv0
>>615
顔の見えないエロ画像とかよくあるだろ
あれって顔を見てみたいけど実際見たら萎える方が多いだろ
そんな感じで想像に任せたほうが良いこともあるんだよ

621 :佐賀県の愛人:2006/10/23(月) 22:42:23 ID:Y+8ffogQ0
>>619
ケツ毛テンプレをBeプロフィールに載せてる奴が言ってもなぁ・・・
不快度じゃお前が圧倒的だね

挿絵なら、指輪物語とかかなり好きだな
あれのガキ向け前編であるホビットの冒険は米国で古英語(使われてる単語、言い回しが古めかしい)的な
扱いで、中学生ん時読まされたわ、そういや。

622 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 22:50:15 ID:oKN06oh/0
ヒント 文章理解力

623 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 22:52:25 ID:Dgv7xcTK0
日本発の文化として全ての小説に挿絵を!

624 :談合と天下りと佐賀県:2006/10/23(月) 22:53:35 ID:WGoY9VVMO
文学屋の見下し感が嫌周りを下げて高みから見下ろしてるつもりだろうが
周りを下げたら出来たのは溝でしたって感じ

625 :どろんこ大将:2006/10/23(月) 22:53:37 ID:s6kIrVi+0
漫画は頭で読むもの。
小説は心で悶えるもの。
小説の方がより深層部への浸透力が強い、ただの言葉に細部まで気を使う、

関係ないが、アニメや漫画、ゲームしか見てないとアホになるってのは本当だ。
子供には良い本を読ませないと駄目だな。




626 :佐賀があぶない:2006/10/23(月) 22:56:33 ID:vwNEHik2O
叙述トリックは発明だと思う

627 :佐賀県と職員と監視:2006/10/23(月) 23:05:39 ID:Y+8ffogQ0
どうせν速上で何百回も繰り返したような議論をするなら
ひょっとしたら漫画、小説、ゲーム、のそれぞれ私的最高作品及び私的客観最高作品を羅列した方が
まだ面白かったかもなぁ、と今更ながら思う

628 :警察署と佐賀県:2006/10/23(月) 23:09:15 ID:WGoY9VVMO
むしろ小説の良さアピールしたいなら漫画やゲームの話はしないほうが



629 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/23(月) 23:21:40 ID:zH0lWGLD0
文学に絡んで来るのは厨房

630 :そいぎんた:2006/10/23(月) 23:34:56 ID:Nt5n++Hv0
小説って色んな物を補いながらじゃないと楽しめない
穴だらけのものだろ?
Me使いがXP使いを非難するようなものだな

631 :佐賀佐賀うぜぇ〜:2006/10/23(月) 23:39:05 ID:WGoY9VVMO
まあ不完全だろうな

表現の完成系を映像とするなら

632 :神埼そうめん:2006/10/23(月) 23:39:31 ID:ucwczaEPO
ラノベを少々嗜んでおります^^

633 :佐賀商銀信用組合:2006/10/23(月) 23:39:32 ID:YUQQpaMA0
ゲーム漫画小説?簡単に言うと嘘吐きの作り話だろう

634 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 00:41:31 ID:K2hr+Nz40
習慣的に小説を読んでる立場から言えば、
普段ゲームをやっていない俺がいきなりゲームをやって
慣れてる人に勝てないのと同じく、読んでる人と読んで無い人には
差はある。
文字が、コントローラーよりも一般的すぎて、
読まない人にはその差がわからない感がある。
読書は日本語さえ知っていれば、いつも読んでる人にいきなり
追いつけるというものでは無い。

例えば、「夜風が冷たかった」と文章があったときに、
それ以前に、冷たかったと感じた人物に、そう感じるような出来事が
あればすぐ「夜風〜」が挿入された意味が掴めるが、その文章の対象が無かったときに、
普段読んでいる人は、いつ「夜風〜」が掛かる部分が現れるのか
と注意し続ける。そんな感じ

635 :佐賀県知事:2006/10/24(火) 00:43:26 ID:mMEnFXN60
>>630
いやむしろ完璧でないからこそ解釈の幅があっていろんな楽しみ方ができる優れモノだと思うが。
その点映像作品はそういうのが無いから飽きられ易い。

636 :佐賀県だってよ:2006/10/24(火) 00:44:07 ID:pHrUUuEQ0
>>634
低脳な俺にも、もっと分かりやすく教えてくれ

637 :千石山のサザンカ:2006/10/24(火) 00:56:12 ID:wKrW5XZJ0
>>636
小説みたいな下賎な俗物に時間を注ぐのはやめて
実用書や専門書を読めということ

638 :佐賀県醤油協業組合:2006/10/24(火) 00:59:32 ID:NubL5q3g0
つうか最低限「罪と罰」は読んだ人間が発言してくれよな
どっかの少年漫画の番長さんですら読んでるんだから

639 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 01:02:46 ID:tsiO3N+D0
>>43についてはもっと真剣に議論すべきだと思う

640 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 01:05:27 ID:XR9e3N+i0
>>638
川島乙

641 :みんご:2006/10/24(火) 01:05:34 ID:TztyFkGl0
文学とか映画は欧米から批評理論を輸入したから
偉そうに語れる人間がたくさんいるけど
漫画は批評理論を輸入できないので偉そうに語れる人間がいない 

642 :ヨソ者:2006/10/24(火) 01:07:02 ID:XWTichrr0
>>625
俺は子供から大学受験まで全く本を読まなかったけど、頭は結構良かったぞ
逆に本ばっか読んでる奴は暗いし頭悪かった。

643 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 01:14:01 ID:FSZaVPWj0
>>641
つ表象文化論

644 :人KENまもる君:2006/10/24(火) 01:15:46 ID:hn2QerIV0
>634
つまりオレ達に分かりやすい文章を書くと、

私は電車に乗るとPCをネットに繋ぎ、検索サイトにて探し物を始めた。
横目に見える窓からの景色は 夜風 が冷たそうだった…。
なかなか探し物の検索情報が出ない中、
電車はトンネルを くぐり 抜けていく。
私が再び目を窓に向けると、そこには多くの素晴らしい景色があった。
そしてその時、PCの画面には私の待ち望んだ情報が映っていたのである。

ってことだよねw



645 :鳴神温泉:2006/10/24(火) 01:19:18 ID:WSzI5x8l0
>616
漫画だって、コマ間を読むとか、キャラの表情を読むとかあるけどな

646 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 01:20:15 ID:aLm5raKr0
人間の脳は絵で考えるから、
漫画の方が脳のシステムに合っている。

647 :佐賀県議会と佐賀県民:2006/10/24(火) 01:32:08 ID:NubL5q3g0
>>646
冗談抜きでソレが本当ならスゲェ
人間の思考の基本的な構成要素って普通言語だから
でもそれに対しては、限界を感じ始めてる人は少なからず居る。私設、ってか公な場ではマジメに取り扱ってもらえないが、いる
それに対する折求、願望の表象って、それこそ腐るほどある

648 :サガ・ライトファンタジー:2006/10/24(火) 01:32:12 ID:/NUJrulXP
〜は高尚って言い出す奴が出てくると、その文化は過去の物になる

649 :佐賀県議会と佐賀県民:2006/10/24(火) 01:36:07 ID:NubL5q3g0
その文化を支えていた基盤を省みたら?
大衆を基盤とする文化と資本主義原理の組み合わせ、って相当特殊な例だと主運dが

650 :佐賀県庁かも:2006/10/24(火) 01:36:20 ID:yb6omA3N0
月姫は高尚な文学作品

651 :鳴神温泉:2006/10/24(火) 01:38:13 ID:WSzI5x8l0
>647
速読とか、文章をイメージに変換して、脳内処理を高速化させるよな

たとえば、イチゴという文章を読むのではなく、見て映像としてのイチゴを思い浮かべて、「い」と「ち」と「ご」と言う文を読むという動作を省略する

652 :佐賀商銀信用組合:2006/10/24(火) 01:42:10 ID:scTZj7350
文学って言葉が曖昧でよく理解できない
普通に小説って言えばいいと思う

653 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 01:42:45 ID:FSZaVPWj0
アルファベットや漢字のような記号だけが書字じゃねーし
それはイメージとかいう曖昧なものじゃねーよ
基本的には他の記号と差異を持つがゆえに機能する記号

654 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 01:43:44 ID:PF5oXZ7G0
ν即は高尚

655 :佐賀県議会と佐賀県民:2006/10/24(火) 01:44:01 ID:NubL5q3g0
>>651
速読できる人?
文章を目で追うことなく、文章が羅列されたページそのものをスキャンする、っていう話を聞いたことあるが(所謂速読術)
本当なんだろうなぁ

でもそれ、基本的にはその映像イメージから言語を拾って、脳内で再構成してるんじゃねーのか?

俺の先ほどの言葉は、例えばνタイプwだとか、エスパーだとか、空気だとか念頭においてたんだが

非言語的情報の扱いと、その・・・わかんね、アルコール漬に付きもう無理

656 :佐賀県議会と佐賀県民:2006/10/24(火) 01:46:22 ID:NubL5q3g0
>>653
「イメージ」の定義が若干違うと思われ
文語としての「イメージ」じゃなくて
日常PC用語の「イメージ」、のそれを充てている、少なくとも俺は

657 :鳴神温泉:2006/10/24(火) 01:47:36 ID:WSzI5x8l0
>655
俺は通常の3倍速くらいしかできないけどね
2週間くらいしか練習してないから
そのレベルだと、頭に入れるためならいいけど、
楽しむにはやっぱり一行を見る読み方かな

658 :佐賀県民ガンバレ:2006/10/24(火) 01:48:34 ID:XulbxG/Q0
表現者として個人で出来る限界はマンガだろう。
字は誰でも書けるが、絵はかなりのハードルがある。
最近はflashによる動画もあるが大まかなジャンルで言えばまだマンガの内か。

自分の中の世界を表現するのに小説家はジレンマを感じたりしないのだろうか?
修辞でフォローできない表現を、行間を読むなどという曖昧なものに頼ることに
絶望しそうだ。

キモオタどもの偏ったフィルタで再現されるだぞ、腐女子のフィルタも面白いかも。

659 :佐賀県と麻薬:2006/10/24(火) 01:49:18 ID:2joNk7zZ0
夏目漱石のこころとかに萌え挿絵入れて売り出せば爆売れ間違い無し

660 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 01:51:03 ID:PF5oXZ7G0
絵なんて誰でも描けるじゃん

661 :乾パンマン:2006/10/24(火) 01:51:11 ID:pE03XpLCO
人間は文字の意味より絵などのイメージのほうが想像しやすい
正方形と聞いて。長さは全て等しく角度は全て90゚なんて思い浮かべるより
そのまま正方形に近い四角形が思いつく人が多いだろ

つまり文字はイメージを発生させるスイッチみたいなもの。
だから小説を読むのと、もとから視覚表記になっているものとは根本的に違うわけだ。

662 :佐賀県議会と佐賀県民:2006/10/24(火) 01:52:04 ID:NubL5q3g0
>>658
それ今かなり興味ある話だな、俺にとって
行間を読む、って空気を読む、とあるていど同義な行為なんじゃねーかなぁ
山本七平の著作読んでて、「果たしてそれは(日本以外の国にも)普遍的な姿勢なんだろうか」
などと思ってしまった俺。俺は日本人論のいい鴨なのか?

663 :佐賀善意銀行:2006/10/24(火) 01:57:02 ID:J02WP7X00
>>659
誰を萌え絵にするんだww
先生の奥さんくらいしか女出てこないだろ


664 :食中毒と佐賀県:2006/10/24(火) 02:07:56 ID:NubL5q3g0
しかししっかりとした文学のフォーマットに則った小説ってのは
冷めた現状認識と、自分の体臭に咽ぶ自らの惨めさしかもたらさないんで、
じゃあFate HollowAtraxiaみたいなリハビリ物語のがいいじゃん。とか言ってみる
そういや富野アニメも俺にとってはそれが魅力だったなぁ、とか言ってみる

残念ながら、こんなレスが俺のマジレスだったりする
皆様おやすみ

665 :武雄@佐賀:2006/10/24(火) 02:08:42 ID:KX6QGQl20
>>662

行間を読むというのは、小説のテクニックであって、それは日本語だけではないよ。
ただ戦前の俳句論のように、連想的なパッセージの連結を日本人が好む、というのはある。
その結果、物語の構造が薄弱で、しっかりとした構築が日本人が苦手なのではないかと
いう議論もある。まあ現代ではあまりされないが。
空気を読むというのは、緊密な共同体のなかで、暗黙の行動様式を共有していて、
それが表面上に簡単に現れない、ということであって、
創作原理的な、味わいの技法とは、かなり次元が違うよ。
そういった要素を、丹念にみないで、イメージとしての日本人論を
脳内で構成するのは、カモなんじゃない?単にけなしているわけではないよ。

666 :佐賀大学医学部:2006/10/24(火) 02:10:40 ID:gnyn5xMoO
なんか読書は陰気なイメージがあるよな

667 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 02:13:35 ID:aLm5raKr0
苦労した方が身につくから、
小説の方がなんか変なものが身につきそうだな。

668 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 02:18:59 ID:tsiO3N+D0
小説は大体なんでも読む。退屈な古典でも気に入れば読める。
エッセイとかルポも好き。だけどどうがんばってもミステリが読めない。

669 :佐賀県の職員:2006/10/24(火) 02:28:19 ID:XulbxG/Q0
文章を頭の中で再構成して映像・動画にする際に材料にされるのは
いままで見たことのあるモノで、より正確に再現するためにはより多くの
画像・動画・あるいは自分の体験を積まなければならない。
その蓄積が浅い若年者がマンガ・映画に親和するのはもっともな話。
問題は一定の蓄積がなされた人間に、より魅力的なメディアとして活字業界が
正しく認知される努力を怠ったことかもしれん。
ライトノベルはその蓄積期に活字の方向への選択肢を残す貴重なジャンルと
言えるかもしれない。
児童文学では最近出版・創刊が増えているが、ただの草刈場にならないよう
祈りたい。 長い。

670 :武雄@佐賀:2006/10/24(火) 02:41:01 ID:KX6QGQl20
>>669

イメージやものがたりをつくりだす作家で、文学は読まないで、漫画だけでって
人はいないからね。これからもないだろう。結構、文学コンプではないにしろ、
かなりマニアックに読みあさっている漫画や映像作家は、多いと思う。
俺は音楽やっているんだけど、若い消費者にはそれがみえない人がいる。
例えば、世のアニメソングをつくっているひとは、クラシック音楽の作曲技法が
まずあって、それが単に今風なだけなのに、そういう消費者は、アニメ音楽
はクラシックとは違うもので、違う価値観、サブカルチャーのカウンターなんだ!
と思っていたりする。耳年増もいいところ。

671 :User p028a67.tokynt01.ap.so-net.ne.jp:2006/10/24(火) 02:41:08 ID:QM/vxzPb0
佐賀県

672 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 02:48:10 ID:F1RSotrJ0
>>670
それを感じられない浅はかは作り手がいるのも事実
特に最近な。本当に漫画とアニメしかみてねえんじゃねえのかと疑いたくなる奴も
いる。


673 :ねたぼー:2006/10/24(火) 04:47:24 ID:cvAhMrbXO
読書する時間が少ないだけで働いてる時間が多いんじゃないかな。

674 :up i121-113-189-213.s05.a014.ap.plala.or.jp:2006/10/24(火) 04:47:33 ID:jrVq3j/C0
佐賀県

675 :佐賀生まれ:2006/10/24(火) 09:22:27 ID:8Fq0SDVC0
>>663
そりゃおめー、いとこだろ?

676 :てなんかけ:2006/10/24(火) 14:59:40 ID:Qk2zc8xk0
>>659
とりあえずこれ置いときますね。
ttp://t-bancho-id.hp.infoseek.co.jp/hangar/moekiyo/moekiyo_title.htm

677 :佐賀県職員:2006/10/24(火) 15:07:09 ID:c8byX1QQ0
字が読めない馬鹿が寄ってこないから。

678 :談判マン:2006/10/24(火) 17:20:49 ID:PXaTZEAB0
ラノベってなんで必ずと言っていいほど萌え絵がセットになってるの?
要するに、そういうのを好む人だけにターゲットを絞ってるからでしょ?

679 :佐賀出身に言わせれば:2006/10/24(火) 18:43:35 ID:b0R5dBhX0
小説にしろなんにしろ、活字になれてない奴は語彙が少ない奴が多い
他愛ない比喩表現とかが伝わらないこともあるから、話していて疲れる

680 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 19:30:29 ID:uhylenhD0
語彙が少ないと思考も貧困になるもんな
そういう意味では漫画、ゲームよりは高尚と思われても当然なのかも。

681 :佐賀県体育協会:2006/10/24(火) 22:09:55 ID:XqUgyJIY0
う 491○1 N県ナンバーの
超ボロい原付にのってるクズはコソ泥 

NS大学周辺、死ね

682 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 22:40:35 ID:K2hr+Nz40
三島由紀夫が言ってたけど、小説で「ローマで一番の美女」と
あったら、読者はそれぞれに自分の中で美女を造り出すから
納得ができるけど、映画は、「ローマで一番の美女」を特定の女優が
演じるので、万人の納得は得られないと。
必然的に客は受身になる。漫画も同じ。
受身でいることは楽だが、受身ではなく触りに行くような楽しみはない。

683 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/24(火) 23:12:11 ID:kzn5Ko9Q0
本も読むけど、文章に関して言うならネットでもかなり読んでる。
活字だと違うのかな。

684 :佐賀はやっぱり:2006/10/24(火) 23:17:50 ID:R9Q4DB680
>>683
>>12

685 :番組の途中ですが名無しです:2006/10/24(火) 23:20:06 ID:K2hr+Nz40
          ,ノ,’,;
ブッ( ;゚;ж;゚;)゙‐=ニ;::’;:;
         `ヾ`゙∴

686 :佐賀県農業技術防除センター病害虫防除部:2006/10/24(火) 23:48:47 ID:kzn5Ko9Q0
本読んだってさ、金になるわけじゃないし、人生が良くなる訳じゃないし、
体が鍛えられるわけでもない。
物語を楽しんだり娯楽として捉えるのはいいけど、本を万能化するのはどうだろうか。

本読むよりセックスする方がいいだろ? セックスして満たされた後本を読むのはありかもしれないが。

687 :みんご:2006/10/25(水) 00:08:40 ID:kcXfxRZE0
事物(具象)|←映画‐アニメ‐漫画‐小説‐詩→|思念(抽象)

688 :2007青春・佐賀総体:2006/10/25(水) 02:55:38 ID:8BcSxPxE0
ネットが中学生頃から一般的なものだったら、あれだけ本を読まなかったかもしれないな

689 :サガ・ライトファンタジー:2006/10/25(水) 04:19:11 ID:MbAg2ys40
映像作品って基本的に台詞と表情でしか表現できないから、極端なキャラになりがち
原作を読んで大河ドラマ見ると分かり易いけど、小説の方が人間に近い
勉強になる事や考え方のヒントになる情報も、あるんじゃないだろうか




俺は無駄だと思うけど
もっと自分のスキルになる事した方がいい

149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)